低圧太陽光発電所のメンテナンス費用・保険料をオムズでまとめて節約

MENU

低圧太陽光発電所のメンテナンスと保険のお得な契約方法

(2018年10月1日)

低圧太陽光発電所(10kw以上50kw未満)を安全に運営し、安定した売電収入を得るには、保守点検やリスクへの備えが不可欠です。とはいえ、メンテナンス費用や保険料の負担は軽くありません。

 

メンテナンス費用・保険料のコストカット

 

ここでは、低圧太陽光発電所の運営にメンテナンスや保険が不可欠な理由と、メンテナンス費用や保険料を安くする方法について見ていきます。

 

こんな方に、おすすめです。

 

  • 現在契約している保守点検費用や保険料が高いと感じている方
  • メンテナンス会社の対応に不満を感じたことのある方
  • 点検不足による売電ロスが心配な方
  • 台風など自然災害による被害・損害が心配な方
  • これから低圧太陽光発電を始める方

 

メンテナンスや保険にかかる費用を節減するポイントは、保守点検・遠隔監視・保険の一本化です。今のメンテナンスや保険の契約内容・料金と比較してみてください。ひとまとめにすることで、きっと、経費削減・売電収益アップにつながります。

 

 

O'ms

低圧太陽光発電所のメンテナンス・遠隔監視・保険が大事な理由

低圧太陽光発電において、メンテナンスや保険が大事な理由は2つあります。1つは、保守点検が法律で義務付けられているから。もう1つは、最大限の安定した売電収益に直結するからです。

 

保守・メンテナンスは、FIT法で義務付けられている

FIT法改正により2017年度から、保守点検・維持管理の適切な実施が義務づけられました。違反するとFIT認定が取り消され、FIT価格での売電ができなくなります

 

保守・メンテナンスが法律で義務付けられたのは、専門的な知識が不足したまま発電事業を開始する再エネ事業者者が多く、安全対策の不備や防災・環境上の問題で地域住民との対立が顕在化したことが背景にあります。

 

20年間にわたり最大限の安定した売電収益を得るために不可欠

FIT認定を受けた太陽光発電設備は、20年間にわたりFIT価格での買い取りが保証されます。その間、発電ロスがあっては、もったいない話です。売電収益を最大化させるには、メンテナンスやリスクへの備えが欠かせません。

 

適切なメンテナンスとモニタリングで、売電ロスを防ぐ

メンテナンス(保守点検)やモニタリング(遠隔監視)を適切に行っていないと、故障や発電不良の発見が遅れ、売電ロスが増大します。

 

低圧太陽光発電所は、たいてい離れた場所に設置していますから、場合によっては「1ヵ月も2ヵ月も発電していなかったことに気付かなかった」ということもあります。50kwの太陽光発電設備の場合、1日あたりの損失は、およそ1万円です。

 

売電ロスを最小限に抑えるには、日々のモニタリングや定期的なメンテナンスが不可欠です。

 

保険に加入してリスクに備える

近年は、豪雨や台風など自然災害により、発電設備の冠水や太陽光パネルの破損など損害を被る事例が増えています。発電設備の倒壊や太陽光パネルの飛散により、損害を与えるケースもあります。適切なメンテナンスを行っていなければ、損害賠償責任も生じます。

 

メーカーや販売店・施工会社の保証は、製品や工事に瑕疵があった場合です。自然災害による損壊は、一部のメーカーを除き対象になりません。

 

適切なメンテナンスの実施とともに、保険に加入し、リスクに備えることが、ますます大事になっているのです。

メンテナンスや保険の費用を安くし安定した売電収入を得る方法

それでは、低圧太陽光発電設備のメンテナンスや保険のコストを安く抑え、リスクに備えながら、安定した売電収入を得るには、どうすればいいのでしょうか?

 

低圧太陽光発電所保守メンテナンス

 

おすすめの方法は、ずばり、オムズ(OM’S)に加入することです。

 

オムズ(OM’S)とは、低圧太陽光発電に必要なサポートや保険を一本化した、低圧太陽光発電所のための総合メンテナンスサービスです。オムズ(OM’S)に加入することで、大幅に手間とコストを軽減できます。

 

従来は、保険の加入や請求は保険会社、トラブルが発生したときは施工会社やメンテナンス会社、モニタリングは監視機器メーカーといったように、それぞれの会社に別々に依頼するのが一般的でした。

 

オムズ(OM’S)は、保険・駆けつけサービス・売電補償・モニタリング・目視点検をセットにし、月1万円を切るリーズナブルな費用に抑えています。

 

オムズ(OM’S)のサービスを提供するのは、エナジー・ソリューションズ株式会社です。

 

遠隔監視から保守点検、トラブルがあったときの駆けつけサービス、保険の加入や保険金請求の手続きに至るまで、窓口を一本化し、全てエナジー・ソリューションズが対応します。

 

オムズ(OM’S)5つのおすすめポイント

オムズおすすめポイント

  1. 保険も付いたリーズナブルなメンテナンスパック
  2. 現地駆けつけサービスは何度でも無料
  3. トラブル発生時の対応窓口が一本化
  4. 定額制だから事業計画に組み込みやすい
  5. 選べるオプションサービス

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

保険も付いたリーズナブルなメンテナンスパック

オムズ(OM’S)は、保険も付いたメンテナンスパックです。しかも、一般的な保険では特約になるような補償まで標準で付帯しています。

 

オムズ(OM’S)の保険は、火災・落雷・台風・水害・盗難など一般的な動産保険をカバーすることはもちろん、飛来物によるパネル割れも補償します。

 

さらに、一般的には特約となる、電気的機械事故(ショート・漏電による故障)の場合のEM補償、1日最大1万円の売電補償も標準で付帯しています。

 

この充実した保険が付いて、月1万円を切るリーズナブルな費用です。これだけでも、オムズ(OM’S)のメンテナンスパックを検討する余地は十分あると思いませんか?

 

OM’S(オムズ)の公式サイトから詳しい資料を請求して、いま契約している保険・メンテナンス・遠隔監視を合わせた費用と比較検討してみませんか?

 

保険を見直せば、売電事業はもっと儲かります!

 

 

現地駆けつけサービスは何度でも無料

メンテナンス会社の駆けつけサービスは、一般的に、年1回は無料でも、2回目以降は有料という場合がほとんどです。1回あたり4万~7万円を請求されます。

 

それに対して、オムズ(OM’S)は、現地への「駆けつけサービス」は何度でも無料です。

 

駆けつけサービス

 

考えてみてください。現地駆けつけが必要な場合というのは、トラブルが発生し、緊急の対応が必要な場合です。しかも、トラブルの原因は、現地へ行ってみないと分かりません。

 

1回目の駆けつけで、すぐ修理できるケースは少なく、部品の交換が必要な場合は、部品を手配して、再度、部品交換・修理に行かなければなりません。

 

つまり、一度、現地駆けつけがあると、たいていは2回、3回と現地へ行かなければならないのです。

 

駆けつけサービスが年1回のみ無料では、年間でいくら駆けつけ費用がかかるか分からず不安ですよね。駆けつけ費用をケチったばかりに、売電ロスが大きくなることもあります。

 

現地駆けつけサービスが何度でも無料というのは、とても魅力的なサービスなのです。

 

トラブル発生時の対応窓口が一本化

トラブルが発生したとき、駆けつけ対応から、メーカーや販売店とのやり取り、保険会社への保険金の請求まで、全てオムズ(OM’S)を提供しているエナジー・ソリューションズが窓口となって対応します。

 

メーカーや販売店、保険会社とのやり取りは、相当な時間と労力を消耗します。全ての窓口が一本化されているのは、とても助かります。

 

モニタリングからメンテナンス、駆けつけ、保険まで、全てを一本化しているメンテナンスパックだからこそ、実現できるサービスです。

 

定額制だから事業計画に組み込みやすい

駆けつけサービスが何度でも無料ということからも分かるように、オムズ(OM’S)は、オプションサービスを付加しない限り、完全な定額制です。途中で、追加費用が発生することはありません。

 

修理費用など予想外の出費の不安も解消でき、受けられるサービスと費用が明瞭なので、事業計画に組み込みやすいメリットがあります。

 

選べるオプションサービス

オムズ(OM’S)は、標準サービス以外にも、草刈り、パネル洗浄、電気的検査、ドローンを使用した赤外線モジュール検査をオプションとして用意しています。

 

オプションサービスなので別料金となりますが、必要に応じて、依頼することができます。

オムズなら安心・安全な低圧太陽光発電所の運営を実現できる

オムズ(OM’S)なら、安心・安全な低圧太陽光発電所の運営を実現できます。しかも、20年間にわたって最大限の売電収益の確保が見込めます。

 

低圧太陽光発電所の管理

 

あなたが OM’S(オムズ)に加入すると…

あなたが、「オムズ・ゴールド」と呼ばれるプランを契約したとしましょう。

 

ソーラーモニターの設置、通信費用を含めて、月額9,800円です。もちろん、保険料も込みの金額。トラブルが発生したときの駆けつけサービスも含みます。駆けつけサービスは、何度でも無料です。

 

ソーラーモニターを設置して、モニタリング開始

ソーラーモニター設置後、すぐに、エナジー・ソリューションズでモニタリングを開始します。スマホ、タブレット、パソコンで、リアルタイムの発電状況が確認できます。ちょっとした時間に、いつでも発電状況を確認できますから、安心です。

 

発電に異常があるとアラートメールで知らせ、現地へ駆けつけ

発電量の異常があればアラートメールで知らせてくれます。システムに異常があった場合は、現地駆けつけサービスを実施します。

 

エナジー・ソリューションズは、監視機器メーカーとして全国の太陽光発電システムにソーラーモニターを設置してきた実績があり、アラートが発生したときは、いち早く最適な対応が可能です。

 

ソーラーモニター専用のコールセンターで直接話ができる体制も整えているので、気になることがあれば、何でも相談できます。

 

年1回の定期目視点検

年1回の定期目視点検もプランに含まれています。点検終了後、状況を報告書にまとめ、メールで送られてきます。

 

自動的に保険に加入

オムズ(OM’S)に加入すると、自動的に保険にも加入できます。火災・落雷・風災など一般的な動産保険をカバーすることはもちろん、一般的には特約となるEM補償や売電補償も、標準で付いているので安心です。

 

オプションサービスも完備

標準サービス以外にも、草刈り、パネル洗浄、電気的検査、ドローンを使用した空からの赤外線モジュール検査をオプションとして用意しているので、必要があれば契約できます。

 

まずは、オムズの無料の資料を請求して、比較してみませんか?

オムズに加入すると安心

オムズは、低圧太陽光発電所の運営に必要なサービスを一本化して提供してくれるので、安心・安全な太陽光発電事業が可能です。

 

まずは、オムズの公式サイトから、無料の詳しい資料請求をして、比較検討してみませんか?

 

きっと、メンテナンスやモニタリング、保険のコスト削減につながるでしょう。

 

※無料で詳しい「メンテナンス・ガイドブック」が手に入ります!