ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

MENU

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)入門記事一覧

高断熱のおかげで、夏も冬も、ほとんど冷暖房をつけなくても快適に過ごせ、曇りや雨の日は普通に電力を購入するが、晴れた日には電力会社に電力を売る。電気代の収支は、年間で差引数万円の黒字。そんな夢のような暮らしができるのが「ゼロエネルギー住宅(ZEH)」です。そもそも「ZEH」とは、どのようなものなのか、分かりやすく解説します。「省エネ」と「創エネ」で「1次エネルギー消費量」をゼロにZEHは「ゼロ・エネ...

高性能建材や高性能設備機器を整備し、ZEH規準を満たせば国の補助金を受けられます。補助対象となる設備は、高断熱の外皮や窓、高効率の空調・換気・給湯・照明設備です。補助金額(2016年度)は、全国一律125万円、寒冷地仕様の住宅は150万円です。太陽光発電システムは、ZEH化に必需品ですが、国の補助対象ではありません。しかし、125万〜150万円という補助金額は、現在の標準的な住宅用太陽光発電システ...

(2016年9月1日)ZEH仕様の住宅にするには、省エネ基準よりもさらに20%以上の省エネを達成しなければいけません。高断熱建材を使い、高性能設備機器を整備する必要があります。そのため、通常の住宅と比べて必要となる追加費用は、250万〜300万円ほどといわれます。「多くの家庭が、250万〜300万円かけて実際にZEH化を達成している」(高橋和道・SII審査第二グループ長、朝日2015年11月14日...