太陽光発電と税金

MENU

太陽光発電と税金Q&A

こちらで解説している内容は、一般的な例です。状況によっては異なる課税関係が生じる場合がありますから、詳しくは税務署・税理士にご相談されることをおすすめします。

家庭の太陽光発電の売電収入に所得税はかかる?太陽光発電の売電収入は、所得税等の課税対象になります。ただし、売電収入が丸々課税所得となるわけではありませんから、一般的な家庭の場合、余剰電力の売電収入で税金が発生するケースはほとんどありません。売電収入は、「雑所得」か「事業所得」となります。売電を事業として行っていたり、他の事業の付随業務として行っていたりする場合は事業所得、そうでなければ雑所得となり...

サラリーマンが自宅の屋根に太陽光発電設備を設置して売電収入を得た場合の確定申告の計算法は?給与所得者が、売電収入を含めて給与所得以外の所得の合計が20万円を超える場合、確定申告が必要となります。ただし、売電収入がそのまま所得となるわけではなく、実際に確定申告が必要となるケースは、ほとんどありません。売電収入による所得は、次のように計算されます。所得=売電収入−経費ここで経費は、太陽光発電設備の減価...

グリーン投資減税の「30%特別償却」と「7%税額控除」の違いは?グリーン投資減税(エネルギー環境負荷低減推進税制)は、対象設備を適用期間内に取得し、1年以内に事業の用に供した場合に、その取得価額の30%の特別償却を認めるものです。中小企業者等は、取得価額の7%の税額控除との選択が可能です。2011年度(平成23年度)税制改正で創設され、適用期間は2018年(平成30年)3月31日まで延長されていま...