DIY方式の低圧太陽光発電比較

MENU

DIY方式で太陽光発電を安く設置する

DIY方式は、太陽光発電システムの部材(資材)と工事を分離して、部材のみを提供するものです。

 

太陽光発電の知識があれば、低圧の太陽光発電システムなら、日曜大工的に太陽光発電システムを自分で組み立てることが可能です。

電気工事には第二種電気工事士の資格が必要です。

 

自分で組み立てができない場合は、部材購入時に施工も合わせて依頼することもできますが、身内や知り合いに工事ができる人がいれば、その人に頼めば安く設置できます。知り合いに工事のできる人がいなければ、地元の業者に依頼するのがよいでしょう。メンテナンスの依頼がしやすいのでおすすめです。

 

DIY方式は、通常の設計から施工まで業者に依頼する場合と比べて、費用を大幅に抑えることが可能です。太陽光発電の買取価格が下がる中で、注目を集めています。

 

DIY方式はどこが違う?

一般的な地上設置型太陽光発電システムは、コンクリート製の基礎を作って、そのうえに架台を載せます。それに対してDIY方式の場合は、単管(鉄パイプ)を地面に打ち込み、その上に架台を載せる方法を採用しています。それにより設置工事が簡単になり、自作できるようになっています。

 

コンクリートやアスファルトの場合は無理ですが、地面に単管を打ち込める敷地であれば、DIY太陽光発電キットを購入して、安く設置することが可能です。

 

産業用(10kw以上)太陽光発電について相談できる優良業者を探す方法

  業者に全て任せたい場合は、こちらのページをご覧ください。

 

DIY方式の太陽光発電についての記事一覧

市場価格より3〜5割安い、卸直販価格で購入できる業者があります。「株式会社トール」です。野立て(地上設置)低圧太陽光発電システムをDIY方式で設置しようと考えている方におすすめです。「株式会社トール」おすすめポイント10kw以上の産業用太陽光パネルなどを卸直販価格で通信販売国内外一流メーカーの太陽光パネルを市場価格の3〜5割安い卸直販価格で購入できるのが最大の魅力です。取り扱っている太陽光パネルは...

DIY方式の太陽光発電システムで最も有名なのは、株式会社Looop(ループ)でしょう。DIY方式のソーラービジネスを最初に立ち上げたのが、こちらの企業といわれています。ここでは、DIY方式を採用している「looop(ループ)」「エコの輪」「トール」の3社を比較してみます。比較するのは低圧50kw未満のセット。「Looop」は独自生産の太陽光パネル、「エコの輪」と「トール」はトリナソーラー製の太陽光...

太陽光発電システムは、50kw未満なら低圧で系統連系できますが、50kw以上になると高圧連系しなければいけません。ところが最近、50kw以上なのに低圧と表示された太陽光発電システムの広告を見かけることが増えました。出力が70kwや80kwを超える低圧太陽光発電というのも見かけるようになりました。50kwを超えているのに、なぜ低圧なのでしょうか?以前は、本来なら高圧連系すべきところを50kw未満に分...