ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは

MENU

そもそも「ZEH」って何?

高断熱のおかげで、夏も冬も、ほとんど冷暖房をつけなくても快適に過ごせ、曇りや雨の日は普通に電力を購入するが、晴れた日には電力会社に電力を売る。電気代の収支は、年間で差引数万円の黒字。そんな夢のような暮らしができるのが「ゼロエネルギー住宅(ZEH)」です。

 

そもそも「ZEH」とは、どのようなものなのか、分かりやすく解説します。

 

ZEHの仕組み

 

「省エネ」と「創エネ」で「1次エネルギー消費量」をゼロに

ZEHは「ゼロ・エネルギー・ハウス」の頭文字をとったもので、「ゼッチ」と読みます。

 

ZEHとは、住宅の高断熱化と高効率設備により大幅な省エネを実現するとともに、太陽光発電などによってエネルギーを創り、年間の「1次エネルギー消費量」を正味(ネット)で、おおむねゼロ以下にする住宅です。

 

ゼロ・エネルギーといっても、生活するには照明をつけるし、エアコンも使います。お湯も沸かすし、料理もします。冷蔵庫は常に通電しています。テレビも見ます。

 

住宅で使うエネルギーをゼロにすることはできませんから、エネルギー消費量を、再生エネで発電したエネルギーで相殺し、正味でゼロにする仕組みです。

 

「1次エネルギー消費量」とは

ZET仕様」の住宅であるかどうかは、「1次エネルギー消費量」を再生エネでゼロにできるかどうかが、1つの要件です。日常の生活で消費するエネルギーが全て「1次エネルギー消費量」となるわけではありません。

 

1次エネルギー消費量の対象となるのは、暖冷房・換気・給湯・照明です。テレビや洗濯機、冷蔵庫などの家電製品の電気は対象としません。

 

このことは、新築・既築住宅をZEH化するときに大切なポイントです。ZEH化するときには、国や地方自治体の補助金を受けられますから、知っておいて損はないでしょう。

 

また、「1年間でゼロ」というのにも理由があります。毎日がゼロエネルギーになるわけではありません。季節によって冷暖房の電力消費量は違います。太陽光発電は、日照によって発電量が異なり一定ではありません。

 

太陽光発電で発電量が消費量を上回るのは、地域にもよりますが、おおむね春や秋の晴天日。その余剰分を夏冬や夜間にならして考えます。そういったことから、「おしなべて1年間」で計算するのです。

 

ZEHは、使うエネルギーをできるだけ減らし、使ったエネルギーと同量以上のエネルギーを生み出すことで成り立ちます。省エネと創エネを組み合わせて、1次エネルギー消費量を正味でゼロ以下にしようというのが「ZEH」です。

 

1年間の1次エネルギー消費量を「正味(ネット)でゼロ」にすることから、ZEHは、厳密には「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」と呼ばれます。

 

ZEHの定義

経済産業省は「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」(2015年12月)において、ZEHを次のように定義(定性的な定義)しています。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅。

 

Nearly ZEH(ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEHを見据えた先進住宅として、外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近づけた住宅。

 

ZEH規準

ZEHに該当するかどうか具体的な規準(定量的な定義)についても、同「とりまとめ」で規定しています。細かい部分は省略しますが、簡単にいうと次のようなものです。

 

まず、住宅の気密性や断熱性を高め、暖冷房・換気・給湯・照明設備を高効率にすることで、エネルギー消費量を通常の省エネ基準より20%以上削減することが必用です。

 

そのうえで、太陽光発電などの再生可能エネルギー発電設備を導入し(容量は不問)、再生エネを加えて、正味で100%以上の省エネを達成したものを「ZEH」、正味で75%以上100%未満の省エネを達成したものを「Nearly ZEH」とします。

 

ZEHの規準

 

2020年には新築の半分が「ゼロエネ」住宅に

政府は、2020年に新築戸建て住宅の半数以上を「ZEH」化する目標を掲げています。数年後には、ゼロエネルギー住宅が「新築戸建て住宅の標準」になろうとしています。

 

政府は「エネルギー基本計画」(2014年4月11日閣議決定)で、「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」としました。

 

これを受け経済産業省は、「エネルギー革新戦略」(2016年4月18日策定)で「2020年までに、ハウスメーカー、工務店等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目指す」と目標を掲げました。

 

こうした国の動きを背景に、国内外の太陽光パネルメーカーが住宅用太陽光発電に照準を合わせた動きを活発化しています。

 

ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは?国が定めるZEH規準関連ページ

ZEH化すれば国の補助金で太陽光発電導入費用がまかなえる!?
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にすれば、国から補助金を受けられます。太陽光発電システム導入費用に、ほぼ相当する金額です。
ゼロエネルギー住宅(ZEH)仕様にするのに必要な費用の目安
ゼロエネルギー(ZEH)化するには、高断熱建材を使い、高性能設備機器を整備する必要があります。通常の住宅に比べて、250万〜300万円の追加費用が必要だといわれています。