政府が固定価格買取制度の見直し開始

MENU

固定価格買取制度の見直しスタート

(2014年6月14日)

2014年6月13日、経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の見直しに着手することを明らかにしました。

 

固定価格買取制度の根拠となっている再エネ特措法(FIT法)では、「エネルギー基本計画が変更されるごと」または「少なくとも3年ごと」の見直しが定められています。2012年7月の制度スタートから今年度が3年目であり、4月に新しいエネルギー基本計画が閣議決定されたことから、見直しが始まりました。

 

「エネルギー基本計画」具体化の一環

経済産業省は、「エネルギー基本計画」(2014年4月11日閣議決定)を具体化するため、省エネルギー、新エネルギー、原子力などの各分野について、総合資源エネルギー調査会の中の小委員会で議論を進めていくとしています。

 

今後の固定価格買取制度のあり方については、新エネルギー小委員会の中で検討されます。

 

「エネルギー基本計画」は、原発を「重要なベースロード電源」と位置付けて、今後も原発を使い続けることを宣言しました。「規制基準」に適合した原発の再稼働を進めることも明記されています。原発の新増設にも含みを持たせています。

 

一方、再生可能エネルギーについては、「現時点では安定供給面、コスト面で様々な課題が存在するが、…有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源」という位置づけです。また、「導入加速」とは書かれていますが、「これまでのエネルギー基本計画を踏まえて示した水準を更に上回る水準の導入を目指し」としているだけで、数値目標も示していません。

 

「これまで示した水準」というのは、次のものです。閣議決定の本文でなく脚注に添えられているだけで、それも4〜5年前のものです。

  • 2009年8月、「長期エネルギー需給見通し(再計算)」で示された、「2020年の発電電力量のうちの再生可能エネルギー等の割合は13.5%」。
  • 2010年6月、総合資源エネルギー調査会総合部会・基本計画委員会合同会合資料「2030年のエネルギー需給の姿」で示された、「2030年の発電電力量のうちの再生可能エネルギー等の割合は約2割」。

 

福島原発事故後、国民の多くが原発依存でなく、再生可能エネルギに軸足を移すように求めているにもかかわらず、あくまで原発にしがみつき、再生可能エネルギーについては原発事故の前の目標を基本的に踏襲しようというのですから、議論の方向はある程度見えてきます。

 

「エネルギー基本計画」で固定価格買取制度はどのように扱われているか

固定価格買取制度については、「エネルギー基本計画」の中で次のように書かれています。

再生可能エネルギー源の最大の利用の促進と国民負担の抑制を、最適な形で両立させるような施策の組合せを構築することを軸として、法律に基づき、エネルギー基本計画改定に伴い総合的に検討し、その結果に基づいて必要な措置を講じる。

 

固定価格買取制度は、再生可能エネルギーの普及促進のために設けられた制度です。しかし、買取費用を電気料金に上乗せする仕組みなので、再生可能エネルギの普及が進めば進むほど、国民の負担が重くなる矛盾があります。

 

そのため、負担の抑制と導入加速を両立させる具体策の検討が必要です。また、法律で制度発足後3年間に限り買取価格を高めに設定することが定められています。

 

閣議決定にある「法律に基づき、エネルギー基本計画改定に伴い総合的に検討し、その結果に基づいて必要な措置を講じる」というのは、買取価格の大幅な低下を考えているのではないかと思われます。

 

太陽光発電の設置をお考えなら、早めがいいかもしれませんね。

 

今後、固定価格買取制度がどうなっていくのか、国の動向を追っていきたいと思います。

 

固定価格買取制度

 

再生可能エネルギーの導入を促進するため、太陽光や風力など自然エネルギーで発電した電気の全量を、国が定めた価格で、一定期間、固定価格で大手電力会社に買い取るよう義務付けた制度。電力会社が買い取るための費用は、月々の電気料金に上乗せされます。

 

一般的な家庭で設置している10kw未満の住宅用太陽光発電の場合は、家庭で使用して余った電力のみ買い取りますが、それ以外は発電した全量が買い取り対象になります。買取期間は、10kw未満の住宅用太陽光発電が10年間、それ以外の発電は20年間です。発電システムを設置・稼働させた年の買取価格で、10年間または20年間買い取りを行います。

 

買取価格は毎年見直しが行われ、年々低下する傾向にあります。現在の買取価格は、太陽光発電の場合、10kw未満が37円(税込)/kwh、10kw以上が32円(税抜)/kwhです。

関連ページ

固定価格買取制度見直しに関する記事一覧

(2014年7月3日)経済産業省は6月17日、総合エネルギー調査会の中の新エネルギー小委員会を開き、再生可能エネルギー固定価格買取制度の見直しを始めました。固定価格買取制度は、再生可能エネルギーの普及が進むほど、電気料金に上乗せされる再エネ賦課金が膨らみ、家庭など電力消費者の負担が増大する仕組みです。ですから、今回の固定価格買取制度の見直しでは、再生可能エネルギーの普及拡大と電力消費者の負担抑制を...

(2014年10月11日)経済産業省は、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の新規認定を一時停止する検討に入りました。想定を上回る太陽光発電事業者の系統接続申請があり、電力会社が再生可能エネルギーの受け入れを中断する事態が広がっているからです。メガソーラーの新規参入を事実上凍結し、現時点で認定済みの設備稼働を優先させ、同時に再エネ買い取り価格も全面的に見直し、太陽光に偏った現状を変える方向です。経済...

(2014年10月16日)電力5社が相次いで再エネ電力の新規買い取りを中断したことを受け、経済産業省は再エネ固定価格買取制度の抜本見直しに入りました。固定価格買取制度の創設(2012年7月)から2年余り。早くも岐路を迎えています。制度の問題点も確かにありますが、背景には、原発を再稼働させたい電力会社の思惑と、その意向を受けた自民党政権のエネルギー政策に大きな問題がありそうです。新エネルギー小委員会...

(2014年10月17日)経済産業省は16日、電力5社が再生可能エネルギーの受け入れを停止している問題で、有識者による専門部会「系統ワーキンググループ」を新エネルギー小委員会のもとに設置し、電力各社の接続可能量の検証と、接続可能量の拡大策の検討を始めました。年内に結論を取りまとめ、電力買取制度の見直しにも反映させる方向です。電力5社は、再エネによる電力供給量が需要量を上回るとして、再エネ発電設備の...

(2014年10月30日)再生可能エネルギーの買取価格が、今後は半年ごとに見直すことになりそうです。経済産業省が29日、再生エネの買取価格を半年ごとに見直す方向で検討する方針を固めたことが新聞報道されていました(徳島新聞、10月30日付)。現在、固定価格買取制度に基づく再生エネの買取価格は、年度ごとに見直されています。例年1月〜3月に経済産業省の調達価格等算定委員会が発電設備の平均的なコストをもと...

(2014年10月31日)10月30日の経済産業省・系統ワーキンググループで、再生エネ発電事業者に時間単位で出力抑制を要請できるルール作りなど、再生エネ接続可能量の拡大方策について具体的な検討が始まりました。現在は、日単位で発電の抑制を要請することができる仕組みです。出力抑制を要請できる対象は500kw以上の発電事業者で、年間最大30日まで無補償で要請できるルールです。日単位でなく時間単位での出力...

(2014年11月1日)再生可能エネルギーの買取価格は、どの時点の価格が適用されるのか、経済産業省は買取価格の決め方を見直す方針です。経済産業省は、電力会社が接続決定した時点の価格を適用する案を軸に、11月5日の新エネルギー小委員会で本格的な議論に入る見通しです(日経10月31日付より)。現在の買取価格の決め方現在は、電力会社に接続を申請して受理された時点の価格が買取価格になります。電力会社に接続...

(2014年11月2日)2013年度の揚水発電の利用率が3%にとどまっていることが、経済産業省の調査で分かりました(徳島新聞11月2日)。2010〜2012年度も3%台で、欧米の10%台と比べて低い利用率にとどまっています。太陽光や風力など変動電源のバックアップ電源として、揚水発電の活用が急がれます。日本の揚水発電は、もともと原発とセットで開発されてきました。原子力発電は、いったん運転を開始すると...

(2014年11月5日)経済産業省は、設備認定を受け買取価格が決まっているにもかかわらず、発電設備を建設せず、当初導入予定の設備よりも価格が下がってから発注した場合、買取価格をその時点の割安な価格に変更する方向で検討に入りました(日経・朝日11月5日報道)。家庭など電力消費者が負担する買取費用を抑えることがねらいです。現在の固定価格買取制度では、国から設備認定を受け電力会社に接続申請した時点の買取...

(2014年11月6日)11月5日に開かれた経済産業省・新エネルギー小委員会で、再生可能エネルギーの買取価格について、太陽光発電の買取価格は当初予定通り、優遇価格での買い取りを3年間、つまり2015年6月末で終了することが確認されました。太陽光以外の再生エネ買い取り価格は、優遇措置が延長される方向です。太陽光は「利潤配慮期間」が終了固定価格買取制度(FIT)では、再生エネの買取価格(調達価格)算定...

(2014年11月6日)経済産業省は、11月5日の新エネルギー小委員会で、電力会社と接続する権利を持っていながら一定期間過ぎても発電を開始しない事業者の接続権利を失効させ、後発であっても早期に発電開始を見込める事業者を優先して接続させる方針を示しました。接続枠を確保していても発電開始が遅れれば接続権利を失効電力会社の系統に接続する権利(接続枠)を確保していながら、発電を開始しないケースが少なくあり...

(2014年11月24日)経済産業省は、太陽光発電の買取価格算定にあたり、従来の平均的な発電コストを参考にする方式から、太陽光パネルの最低価格水準などを参考に方式に変更する方向で検討しているようです(徳島新聞、11月23日)。固定価格買取制度では、制度の適用を受けて運転を開始した設備は、国にコストデータ(設備の建設や運用にかかった費用)の提出が義務付けられています。経済産業省では、その報告をもとに...

(2014年12月3日)12月2日に総合資源エネルギー調査会の新エネルギー小委員会が開かれました。固定価格買取制度の検討課題の方向が絞り込まれてきました。おもなポイントをご紹介します。住宅用太陽光を優先して買い取り地熱や中小水力など安定して発電できる再生エネを優先して買い取る方向がすでに示されていますが、それに加え、住宅用太陽光も優先して買い取るよう電力会社に要請する方針を経済産業省が示しました。...

(2014年12月12日)再生エネ買い取り手続きを中断している電力5社の太陽光発電の受け入れ容量が、認定設備の発電量に比べ、大幅に不足することが経済産業省の試算でわかりました。ただし、原発再稼働を前提とした受け入れ可能量の試算となっており、大いに問題があります。特に九州電力、東北電力では、受け入れ可能容量は、認定設備量の半分以下に留まる見通しです。そのため両電力管内では、出力抑制を拡大する方針です...

(2014年12月17日)再生エネの新規買い取りを中断している電力5社と中国電力、北陸電力をあわせた電力7社が、12月16日の新エネルギー小委員会・系統ワーキンググループで、太陽光発電の受け入れ可能量を発表しました。中国電力以外の6社の受け入れ可能量は認定量を下回り、電力7社合計の受け入れ可能量は、認定量に対し58%。電力会社側は、現状では、これ以上の太陽光の受け入れは困難な状況を示しました。なか...

(2014年12月17日)電力会社による再生エネ受け入れ可能量(接続可能量)算定にあたり、経済産業省は原発再稼働を前提とした方法を電力会社に指示しています。原子力・地熱・一般水力はベースロード電源、火力・揚水式水力は調整電源、風力・太陽光は自然変動電源という位置づけです。電力会社は、自社所有の発電設備の出力抑制を行ってでも再生エネを優先的に受け入れることが法令で義務付けられています。ただし、そもそ...

(2014年12月18日)日経12月18日付け報道によれば、経済産業省は、電力会社が太陽光発電設備の発電量を遠隔操作で制御できる装置の設置を発電事業者に義務付ける方針を固めたようです。家庭用も対象となる方向です。現在は、出力500kw以上の発電設備に対して、年間30日を上限に電力会社は無補償で発電抑制を要請できるルールですが、対象を500kw未満のすべての設備に拡大します。あわせて、1日単位で制限...

(2014年12月19日)経済産業省は、企業が太陽光で発電した電力の買取価格について、2015年度は1kwhあたり20円台で調整していることが明らかになりました。日経12月19日付で報道されました。太陽光の買取価格は、固定価格買取制度がスタートして以降、毎年引き下げられてきましたが、来年度初めて20円台にまで引き下げられることになります。住宅用太陽光は引き下げるかどうか慎重に検討一方、住宅用太陽光...

(2015年1月17日)経済産業省は16日、住宅用太陽光発電に対する発電抑制ルールの適用を4月1日に延期する方針を示しました。当初は省令改正を行う1月中旬に適用とされていました。自民党の再生可能エネルギー普及拡大委員会で明らかにしました(徳島新聞1月17日付より)。そのため、住宅用太陽光発電については、3月までに電力会社に接続を申し込めば、発電抑制の対象にはなりません。また、遠隔制御装置の設置義務...

(2014年12月18日)電力5社の再生エネ買い取り中断問題で、対応策を検討してきた経済産業省は、12月18日、再生エネ導入量を増やすための発電抑制の新ルールや固定価格買取制度の運用見直しを取りまとめ、発表しました。来年1月中旬ころを目途に省令改正を行い、新たな出力制御ルールについては即日施行されることになります。新ルールの決定を受け、受け入れを中断している電力会社は、1月中旬以降、受け入れを再開...