太陽光発電エネルギー蓄電の時代へ

MENU

太陽光発電エネルギー蓄電の時代へ記事一覧

(2012年7月5日)経済産業省の蓄電池戦略プロジェクトチームが7月4日、「蓄電池戦略」を発表しました。コスト低減等による蓄電池の普及の加速化に向けた課題を整理し、今後、実施すべき施策を取りまとめたものです。「蓄電池戦略」では、蓄電池は、@分散電源の促進にとって核となる重要技術、A電力系統用、自動車用、防災用、家庭用など大きな市場拡大が想定される成長産業分野、と位置づけています。蓄電池戦略の目標「...

(2015年1月10日)住友電気工業が、次世代大型蓄電池の生産コストを大幅に引き下げる技術を開発しました(日経2015年1月8日)。電解液に高価なレアメタルのバナジウムを使わず、より安価な材料に変えることで、生産コストを現在の10分の1以下(1kwhあたり2〜3万円)にできる可能性があるとされています。2020年には、量産品を市場に投入する方向です。住友電工の大型蓄電池は、「レドックスフロー電池」...

(2015年5月3日)米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズが、据置型蓄電池を8月にも発売することを発表しました。テスラは、高級スポーツEVで有名なメーカーです。EV向けにリチウムイオン電池を量産してきた経験を活かし、価格は、他社の据置型蓄電池の半額以下に抑えています。テスラが売り出す家庭向け蓄電池は2種類。容量10kwhモデルと7kwhモデルです。テスラのリチウムイオン電池と、日本国内...