2012年度住宅用太陽光発電設置補助金

MENU

2012年度の補助金の概要

1.補助対象システムの上限金額の引き下げ、補助金単価が2段階化

区分 補助金
1kwあたりのシステム価格(税抜)が55万円以下

3.0万円/kw

1kwあたりのシステム価格(税抜)が47.5万円以下

3.5万円/kw

 

2.太陽電池モジュールの変換効率基準の改定

モジュール変換効率がそれぞれ以下に示す数値以上であることが補助金交付の条件になります。変換効率の基準が見直され、適合機種が変更になっていますから注意してください。

 

シリコン単結晶系

16.0%以上

シリコン多結晶系

15.0%以上

シリコン薄膜系

8.5%以上

化合物系

12.0%以上

 

3.補助対象システムの出力上限

「太陽電池の公称最大出力の合計値」または「パワーコンディショナーの定格出力の合計値」のいずれかが、10kw未満であること。

 

4.申込期間

平成24年4月下旬から平成25年3月下旬まで。

 

詳しくは、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)のホームページをご覧ください。

 

お住いの地域によっては地方自治体独自の補助金や助成金の制度、あるいは融資制度が用意されています。そういった制度を活用すれば、さらに初期投資費用を抑えて有利に太陽光発電システムを設置できます。

 

なお、国や地方自治体の補助金制度等については施工業者が把握していますから、見積もりを依頼した際に詳しくお聞きになるとよいでしょう。

おすすめのページ