太陽光発電国内メーカーと海外メーカーの動向

MENU

低価格の海外メーカー vs 信頼性の国内メーカー

(2012年12月6日)

「PVジャパン2012」が、千葉市の幕張メッセで開催されました(2012年12月5日〜7日)。「PVジャパン」は、太陽光発電(PV)の国内最大級の展示会。今年は、8カ国・地域から196社の出店です。低価格で攻勢をかける海外メーカーと、信頼性ときめ細かな品ぞろえで迎え撃つ国内メーカーの姿勢が印象的です。

 

太陽電池の輸入が急増

太陽光発電協会の統計によれば、今年度7-9月期の太陽電池出荷量は、国産品が42万4,286kw、輸入品が20万2,686kw。前年度同期と比較すると、全体では1.8倍伸びています。そのうち、国内生産が1.5倍の伸びであるのに対して、輸入は3.1倍の伸びとなっています。輸入品の出荷量全体に占める割合は、前年度が20%弱だったのが、現在では30%を超えています。

 

四半期ごとの国内における太陽電池出荷量の推移(国産・輸入別)

2011年度

2012年度

4-6月期

7-9月期

10-12月期

1-3月期

4-6月期

7-9月期

国産品

218,405

281,623

309,705

291,949

313,337

424,286

輸入品

40,204

66,084

96,623

99,556

131,952

202,686

合計

258,609

347,707

406,328

391,505

445,289

626,972

(単位:kw 太陽光発電協会の統計資料より作成)

 

太陽電池出荷量の推移

 

太陽電池出荷量の前年同期比較(国産・輸入別)

2011年7-9月期

2012年7-9月期

伸び

国産品

281,623

424,286

1.5倍

輸入品

66,084

202686

3.1倍

(単位:kw 太陽光発電協会の統計資料より作成)

 

サンテックパワー(本社:中国)

サンテックパワーの太陽電池の年間出荷量は2.1GW(ギガワット)で世界1位。2010年、2011年と2年連続で世界bPとなっています。さらに、2012年の日本国内における同社の出荷量は、前年比で2倍に増える見込みです。また、同社の日本国内市場でのシェアは、従来6〜7%でしたが、来年(2013年)3月には10%程度になる見通しです。価格は、日本国内メーカー製品よりも3割ほど安いようです。

 

カナディアンソーラー(本社:カナダ)

カナディアンソーラーの日本国内における2012年度の販売量は、前年度の4倍にあたる100メガワットに拡大する見込みです。同社の太陽電池出荷量は、世界3位の年間2.05GW(ギガワット)。価格は、日本国内メーカー製品よりも2割ほど安いようです。

 

年間出荷量2GWはどれくらいの規模?

年間出荷量が2GW(ギガワット)というのは、どれくらいの生産量かというと、昨年度の日本国内での太陽電池出荷量が1.4ギガワットですから、日本全体の需要を1社でまかなえるほどのものですね。これが世界トップクラスの「ギガワット・メーカー」なのです。

ちなみに、ソーラーフロンティアが、昨年(2011年)宮崎県に世界最大級のCIS太陽電池工場を稼働させています。生産能力は、単一工場としては世界一。この工場では年間1ギガワットの大量生産が可能です。

 

海外メーカーと国内メーカーのすみ分けが進みつつある

海外メーカーの動向

海外メーカーの太陽電池が伸びているのは、メガソーラー(大規模太陽光発電所)向けの出荷が好調なためです。サンテックパワーは、今年度(2012年度)には、メガソーラー(太陽光発電所)向けで、国内シェア15〜20%を占める見通しです。また、家庭用太陽光発電でも、半分程度は今も国内メーカーにこだわりがあるものの、コスト重視で海外メーカーを選ぶ人も増えています。

 

国内メーカーの動向

一方、国内シェア上位のシャープ、京セラ、三菱電機などは、台形タイプや小型の太陽電池といった、様々なタイプの太陽電池を前面に出しています。パナソニックも来年(2013年)1月から、ハーフサイズのHIT太陽電池を投入します。日本の住宅の屋根は複雑な形のものが多いので、それにあったように隙間なく敷き詰めることで、より多くの発電量を得られるからです。単一製品を大量生産してコストを下げる海外メーカーには、こうしたきめ細かな品ぞろえはまねできません

 

企業などが設置する大規模太陽光発電所(メガソーラー)が急増しているものの、日本で設置される太陽光発電の7割以上は住宅用です。また、工場の屋根など1メガワット未満の中小型の太陽光発電も、屋根の形状や材質に合わせた細かい設計を必要とするので、価格競争に巻き込まれにくい特徴があるようです。

2012年7-9月期の国内太陽電池出荷量(用途別)
 

住宅用

非住宅用

発電事業用

電力応用
商品

民生用

総出荷量

出荷量

446,360

108,690

71,240

584

98

626,972

構成比

71,19

17.34

11.36

0.09

0.02

100.00

(出荷量:kw、構成比:%  太陽光発電協会の統計資料より作成)

 

このように、

  • 国内メーカー ⇒ 「信頼性」と「きめ細かい品ぞろえ」で住宅用や中小型の太陽光発電
  • 海外メーカー ⇒ 低価格を売りに、メガソーラー(大規模太陽光発電所)

といったすみ分けが進みつつあります。

おすすめのページ

> > 太陽光発電の国内メーカーと海外メーカーのすみ分けすすむ