10kw以上太陽光発電設置を相談できる業者

MENU

産業用(10kw以上)太陽光発電の設置は、どこに相談すればいい?

「空き地に太陽光発電を設置したいんだけど…」
「耕作しなくなった畑に、思い切って太陽光発電を設置しようと考えているんだけど…」
「ビルの屋上や倉庫の屋根に太陽光発電を設置したいんだけど…」

 

こんなとき、次のような疑問が浮かぶはず。

  • 「どこの業者に相談すればいい?」
  • 「太陽光発電を扱っている一般の業者でも大丈夫?」

 

そんなときには産業用太陽光発電の「取扱実績の豊富な業者」に相談するのがベストです。
当たり前の話のように思えるでしょうが、実は、この点が非常に重要なポイントなのです。

 

産業用太陽光発電について相談できる業者の探し方」の前に、このことを簡単にご説明しておきましょう。

なぜ、産業用太陽光発電の取扱い実績が重要?

なぜ、産業用太陽光発電の取扱実績が重要か、その理由は大きく2つあります。

 

システム設計の自由度が高く、業者の力量に大きく左右される

一つは、住宅用太陽光発電に比べて、産業用太陽光発電はシステム設計の自由度が高いからです。

 

住宅用(10kw未満)太陽光発電システムの場合は、メーカー指定のモジュール・パワーコンディショナー・架台といったシステム販売が基本です。

 

それに対して、産業用(10kw以上)太陽光発電システムの場合は、モジュール・パワーコンディショナー・架台など構成機器を、メーカーを問わず自由に組み合わせてシステム設計が可能なのです。

 

ですから、システムの設計や費用は、業者の経験や技術力に大きく左右されるのです。

 

住宅用太陽光発電の場合も、いわばオーダーメイドですから業者の経験・ノウハウが重要です。しかし産業用太陽光発電の場合は、構成する機器の組み合わせが自由になる分、より業者の力量が重要なのです。

 

少なくとも20年以上の付き合いになる

もう一つは、産業用太陽光発電の場合、発電する電力は20年間にわたり固定価格で買い取りになりますから、その間の保守・メンテナンスをまるごと任せられる業者を選ぶ必要があるからです。

 

実績豊富な業者は、それがシステム化されているので安心感が高いのです。

 

産業用太陽光発電の実績豊富な優良業者をどうやって探す?

産業用(10kw以上)太陽光発電について相談できる優良業者を探すには、実績豊富な業者を厳選して登録している専門サイトを利用するのが便利です。

 

それが、「産業用太陽光発電専門の一括見積もりサイト」です。

 

登録業者は、それぞれの厳しい審査基準をクリアした経験・実績豊富な業者ばかりです。一度の入力で、対応可能な複数の会社(5社程度)にまとめて見積り依頼することができます。もちろん利用は無料です。

 

見積もり依頼という形ではありますが、まずは、実績ある数社から「初期投資費用や収支プランを聞く」という気持ちで利用するとよいでしょう。各社のプランを比較して納得すれば、契約したらいいのです。電話勧誘してくる悪徳業者と違って優良業者ばかりですから、安心して相談できます。

 

おすすめの産業用(10kw以上)太陽光発電専門サイトをご紹介します。

 

タイナビNEXT

「タイナビNEXT」は、住宅用太陽光発電の一括見積もりで有名な「タイナビ」の姉妹サイトで、産業用太陽光発電に特化したサイトです。

簡単な入力だけで、あなたのお住まいの地域に対応可能な複数の業者(最大5社)を自動で選び出してくれるので、そこに見積もり依頼を申し込めばいいだけです。

一般的な一括見積もりは、どの業者に見積もり依頼するかは「おまかせ」という面があります。それに対して「タイナビNEXT」は、見積もり依頼する業者があらかじめ分かるのが大きなポイントです。

また、「タイナビNEXT」は、大手業者だけでなく、地元の優良中堅業者が多数登録しているのも大きな特徴です。地元の中堅業者や近隣の業者を優先して紹介する仕組みになっているからです。地元の中堅業者なら、設置後にトラブルがあったときでも、すぐに対応してもらえるので安心です。

もちろん、全国対応の大手業者を紹介してもらうことも可能です。

「タイナビNEXT」は、最も利用者が多く、安心・信頼性の高い産業用太陽光発電の専門サイトです。リフォーム産業新聞(2014年10月21日)の2014年利用者数ランキングで、タイナビが1位となりました。

こんな方におすすめ

  • 10kw以上の太陽光発電について、どこに相談すればいいのか分からない方
  • 業者の提案を比較して、収益を最大化できるシステムを選びたい方
  • 実績ある産業用太陽光発電の専門サイトを利用したい方
  • 地元の優良中堅企業に相談してみたい方

 

グリーンエネルギーナビ(産業用)

「グリーンエネルギーナビ(産業用)」も、実績のある産業用(10kw以上)太陽光発電の専門サイトです。リフォーム産業新聞で、2012年・2013年と2年連続、利用者数1です。

登録業者の審査基準の厳格さはトップクラス。専門家の間で評価の高い一括見積もりです。

「グリーンエネルギーナビ(産業用)」は、一括見積もりを申し込むと、カスタマーサポートから電話連絡があります。要望や設置条件などを丁寧にヒアリングしたうえで、希望に沿った会社を5社程度紹介する仕組みです。

カスタマーサポートからの電話連絡をわずらわしく感じる方には不向きですが、逆に、電話で直接、疑問や不安を相談した上で、業者の紹介を頼みたいという方にオススメです。

なお、地域によっては、地元の中堅企業の登録が「タイナビNEXT」に比べて少ない場合があります。しかし、登録企業は、厳しい審査をクリアしている企業ばかりなので、たとえ県外の企業であっても対応は万全で、安心して見積もり依頼することができます。

また、グリーンエネルギーナビの公式サイトは、各種情報が豊富です。これも専門家から高い評価を得ているポイントです。チェックしておいて損はないでしょう。

こんな方におすすめ

  • WEBで申し込むだけでは疑問や不安のある方
  • 業者登録の審査基準が厳格な一括見積もりをお探しの方
  • 信頼性の高い産業用太陽光発電の専門サイトを利用したい方

 

空き地・畑に太陽光発電/相談できる優良業者を探す方法関連ページ

非住宅用(産業用)太陽光発電システムの導入費用
10kw以上の非住宅用(産業用)太陽光発電システムの価格相場はどれくらいでしょうか。
10kw以上50kw未満の太陽光発電を設置するのに必要な面積
10kw以上の非住宅用(産業用)太陽光発電を設置するのに必要なおおよその面積の目安をご紹介。
契約から売電開始までの所要期間
50kw未満の低圧と50kw以上の高圧とで手続きが異なりますから、契約から売電開始までに要する期間も異なります。
太陽光発電の50kw未満と50kw以上の違い
産業用太陽光発電は出力50kw未満と50kw以上で電気事業法上の規制が異なります。
50kw未満の太陽光発電に分割する低圧敷地分割が禁止
高圧・特別高圧接続する50kw以上の太陽光発電設備を設置すべきところを、意図的に低圧50kw未満の太陽光発電システムに分割することは2014年度より禁止されました。
屋根貸し・土地貸し太陽光発電
太陽光発電事業者に屋根や土地を貸して賃料収入を得ることで、リスクを抑え、安定した収入を得たいという方へのアドバイス。