楽天ソーラー蓄電池パッケージ

MENU

楽天ソーラーに蓄電池セットタイプが登場

(2013年5月12日)

楽天ソーラーが、2013年4月3日より、太陽光発電システムに京セラ製リチウムイオン蓄電池をセットにしたパッケージの販売を開始しました。蓄電池のみの購入・設置も可能です。

 

楽天ソーラーの太陽光パネルは、通常、シャープ製を使用しますが、こちらの蓄電池セットのタイプは京セラの太陽光パネル(多結晶)となります。パッケージは、太陽光発電システムの出力別に全部で8種類。パッケージ価格は次の通りです。

 

京セラ製 【太陽光発電システム】+【リチウムイオン蓄電システム】

(2013年度の価格)

太陽光発電システム

蓄電池

税込価格

実質負担金額

(国の補助金適応後)

2.280kw

7.2kwh

リチウムイオン

蓄電システム

2,940,000円

2,359,134円

2.850kw

3,003,000円

2,339,334円

3.420kw

3,192,000円

2,576,934円

3.990kw

3,381,000円

2,754,534円

4.560kw

3,570,000円

2,932,134円

5.130kw

3,769,500円

3,120,234円

5.700kw

3,969,000円

3,308,334円

6.270kw

4,168,500円

3,496,434円

楽天ソーラーの公式サイトではパッケージ価格のみ表示されています。京セラのリチウムイオン蓄電池(7.2kwh)の価格は240万円(税別)ですが、楽天ソーラーではいくらになるのか試算してみました(⇒こちら)。

 

リチウムイオン蓄電池の国の補助金が終了しました

リチウムイオン蓄電池にも機器費の1/3(上限100万円)という国の補助金がありましたが、2013年9月13日で打ち切りになりました。詳しくはこちら

 

【通常の楽天ソーラーのパッケージ】
ちなみに、楽天ソーラーの通常のパッケージと価格は次の通りです。こちらも太陽光発電システムの出力別に8種類あります。太陽光パネルはシャープ製です。

(2013年度の価格)

発電容量

税込価格

実質負担金額

(国の補助金適応後)

1kWあたりの
単価

2.004kw

997,500円

967,500円

474,052円

2.775kw

997,500円

942,100円

342,342円

3.330kw

1,212,750円

1,146,150円

346,847円

3.885kw

1,386,000円

1,308,400円

339,768円

4.440kw

1,559,250円

1,470,450円

334,459円

4.995kw

1,730,400円

1,630,600円

329,930円

5.550kw

1,887,900円

1,776,900円

323,964円

6.290kw

2,097,900円

1,972,100円

317,647円

  • 2.004kwタイプは単結晶アップグレードオプション。他は多結晶。
  • 補助金は、1kw当たりの補助対象経費(税別)が、2〜41万円の場合 2万円/kw、41〜50万円の場合 1.5万円/kwです。単結晶アップグレードタイプは補助金単価が低くなります。

    2013年度の補助金詳細はこちら

京セラのリチウムイオン蓄電池の性能

楽天ソーラーが採用した蓄電池は、京セラのEGS-LM72A(タイプA)EGS-LM72B(タイプB)の2タイプ。蓄電容量は7.2kwhです。

 

「タイプA」と「タイプB」の違いについて詳しくはこちら

 

それぞれ14.4kwhに増設が可能で、増設したものがEGS-LM144AEGS-LM144Bです。14.4kwhシステムは、リチウムイオン蓄電池で国内最大容量とされています(2013年4月19日現在(京セラ調べ))

 

ただし、実際に使用できる容量(最大使用可能容量)は、蓄電容量よりも少なく、放電深度80%と電力変換効率94%をかけた値となります。

 

EGS-LM72A(B)

EGS-LM144A(B)

蓄電池容量

7.2kwh

14.4kwh

(7.2kwhを増設対応)

実際に使用できる容量の目安

5.4kwh

10.8kwh

連続使用可能時間

12時間

24時間

保証期間

蓄電池本体:10年、リモコン:2年

価格

2,520,000円

240万円(税抜)

4,672,500円

445万円(税抜)

  • 連続使用可能時間は、フル充電状態で、1時間あたり430w使用するケース。これは、テレビ、リビングの照明、冷蔵庫、携帯・スマートフォン充電が同時に使用できる電力です。

 

蓄電池のメリット

料金の安い深夜電力をためて使うことができます。

蓄電池を単体で利用することも、太陽光発電システムと併用して利用することもできます。深夜にためた電気を昼間に使うことで、電気代を節約したり、日中に太陽光で発電した電力をできるだけ多く売電することができます。

 

非常時の電源として利用が可能です。

蓄電池があれば、停電で電力会社の電気が使えないときでも電気を使うことができます。

なお、太陽光発電システムも、日中の太陽が出ているときには停電時に電気を使うことができます。
詳しくはこちら

楽天ソーラーは、当初の「格安太陽光発電」から、現在は「無料一括見積もりサービス」に変更となっています。詳しくはコチラ

(2015年4月10日更新)

楽天ソーラー関連ページ

> > 楽天ソーラーリチウムイオン蓄電池パッケージ