楽天ソーラー蓄電池パッケージの蓄電池の価格

MENU

楽天ソーラーが販売する京セラ製リチウムイオン蓄電池の価格を試算

楽天ソーラーが、京セラ製の太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電システムをパッケージで販売しています。

楽天ソーラー蓄電池パッケージの詳細はこちら

 

楽天ソーラーの公式サイトでは、パッケージ価格は表示されていますが、蓄電池のみの価格は示されていません。楽天ソーラーがパッケージで販売する蓄電池の価格がおよそいくらで、どれくらい安くなっているのか(何割引になっているのか)、試算してみました。

 

容量

(kw)

税込価格@

(蓄電池含む)

実質負担額A

(税込)

補助金額B

蓄電池価格E

(税別)

割引率

太陽光C

蓄電池D

2.280

2,940,000

2,359,134

-

-

-

-

2.850

3,003,000

2,339,334

3.420

3,192,000

2,576,934

68,400

546,666

1,639,998

32%

3.990

3,381,000

2,754,534

79,800

4.560

3570,000

2,932,134

91,200

5.130

3,769,500

3,120,234

102,600

5.700

3,969,000

3,308,334

114,000

6.270

4,168,500

3,496,434

125,400

 ※ 金額の単位:円
 ※ 2.280kwタイプと2.850kwタイプは、少々違うようですので除外しています。

 

試算の方法

楽天ソーラーの公式サイトでは、太陽光発電システムと蓄電システムをあわせたシステム全体の税込価格@と国の補助金適応後の実質負担金額Aが示されています。

 

その差額(@−A)は、もちろん補助金Bですね。

 

補助金額B=システム全体の税込価格@−実質負担金額A

 

補助金額Bは、太陽光発電の補助金Cと蓄電池の補助金Dの合計ですから、

 

蓄電池の補助金額D=補助金額B−太陽光発電の補助金額C

 

太陽光発電の補助金額Cは、1kwあたり2万円(※)ですから、その補助金額Cは上の表のようになります。
(※) 試算したところ、1kwあたり補助対象経費は41万円以下(税別)になるので、補助金単価は2万円/kwです。

 

したがって蓄電池の補助金額Dは、

 

蓄電池の補助金額D=補助金額B−太陽光発電の補助金額C=546,666円

 

リチウムイオン蓄電池の補助金は、機器費の3分の1ですから、蓄電池の価格Eは

 

蓄電池の価格E=蓄電池の補助金額×3=1,639,998円(税別)

 

となります。メーカー希望小売価格は240万円(税別)ですから、約32%OFFとなります。

楽天ソーラー関連ページ

> > 楽天ソーラー蓄電池の価格