電力会社どうやって乗り換える?契約変更の方法・手続き

MENU

電力会社との契約変更の方法

電力会社を乗り換えたいとき、手続きはどうするの?

 


電力会社を乗り換えるときの手続きは、いたって簡単です。新しく契約したい電力会社に電話やWEBサイトで申し込みするだけです。電力比較サイト経由でも申し込みできます。

 

いま契約している電力会社に解約を連絡する必要はありません。解約手続きは、電力会社間で行います。

 

変更には最短で2週間程度かかります。

 

契約変更は原則無料ですが、なかには事務手数料がかかる会社もありますから注意してください。

 

また、電力会社によっては「1年縛り」「2年縛り」といった「縛り」があり、途中で解約すると違約金が発生する場合があります。契約条件をしっかり確認しておきましょう。

 

申し込みに必要なもの

申し込みの際、検針票に記載された「供給地点特定番号」と「お客様番号」が必要です。

 

変更にともなう工事はありません

契約変更にともなう工事は、特にありません。ただし、変更には、電力量計(電気使用量を測定するメーター)を新型のスマートメーターに切り替える必要があります。未設置なら優先的に無料で交換してくれますから、心配はいりません。

 

変更しない家庭も、順次スマートメーターに取り換えとなります。

 

契約変更ができない場合もあるので注意

契約変更が難しい場合もあります。電気料金を大家さんに収めている場合や一括受電のマンション、一部のオール電化住宅、離島などです。

 

一括受電というのは、マンションで電力を一括して購入しているケースです。この場合、自由に電力会社を選べない可能性があるので、マンションの管理会社などに確認が必要です。

 

電力会社どうやって乗り換える?契約変更の方法・手続き関連ページ

電力会社をどう選ぶ?
電力自由化にともない電力会社を自由に選ぶことができるようになっても、選択肢が多くて、どこを選べばいいのか迷っている人もいるはず。電力会社の選び方のポイントをまとめています。
電力会社を変更しないと損?電気代は必ず安くなるの?
電力自由化のもとでは電力会社を変更しないと損をするように考えられがちですが、電力会社を変更すると電気料金が必ず安くなるとは限りません。
新電力会社に変更したら停電しやすくなる心配はない?
既存の大手電力会社から新電力会社に変更したからといって、電気の質が悪くなり停電しやすくなる心配はありません。
契約している電力会社が倒産・撤退したら電気はどうなる?
既存の大手電力会社から新電力会社に電気の購入を変更して、もし契約している電力会社が倒産したり撤退したりしたら、代わりにその地域の大手電力会社が電気を供給します。
再生エネ・自然エネ電力を買える電力会社は?
電力自由化により、せっかく電気の購入先を自由に選べるのだから、原発の電気は買いたくない、再生可能エネルギーの電気を買いたいという方もいるはず。そういうときは、どの電力会社から買えばいい?