価格の安い太陽光発電メーカー

MENU

価格の安さで選ぶならソーラーフロンティア、海外メーカー

化合物系太陽電池が結晶シリコン系太陽電池より安価

市販されている太陽電池の主流は結晶シリコン系太陽電池ですが、化合物系太陽電池が、結晶シリコン系太陽電池と比べて安価です。ソーラーフロンティアが化合物系のCIS太陽電池を製造しています。

 

一般家庭で設置される標準的な出力4kwで比べると、最も高価な東芝パナソニックより50万円前後、安くなる可能性があります。

 

しかし、結晶シリコン太陽電池に比べてモジュール変換効率が低いため、発電量を確保するにはある程度の屋根面積が必要です。設置面積の広い屋根なら初期投資を抑えた導入が可能になり、早期投資回収が見込めます。

 

ただし、CIS太陽電池は、カタログスペック上の変換効率は低めですが、結晶シリコン太陽電池に比べ、熱や陰に強い特性があります。なので年間通しての実発電量(実際に発電する量)は、変換効率の高い単結晶シリコン太陽電池を上回る場合もあります。

 

価格で選ぶなら、ソーラーフロンティアは見積もりの際に外せないメーカーです。

 

ソーラーフロンティアについて詳しくはこちら

 

海外メーカーなら単結晶シリコン太陽電池も安価

海外メーカーは、国内メーカーに比べ、単結晶シリコン太陽電池が安価です。

 

海外メーカーでは、サンテックパワー(中国)カナディアン・ソーラー(カナダ)などが、早い時期から日本国内で展開しています。

 

ただし、海外メーカーは、製品の価格自体は国内メーカーに比べて安価なのですが、システム設置費用全体では、国内メーカーとあまり変わらない場合もあるようです。

パッケージ化で価格を抑えた「楽天ソーラー」

固定価格買取制度がスタートした2012年7月から、楽天が「楽天ソーラー」の販売を開始しました。最大の特徴は、一般的な太陽光発電システムよりも、平均して価格が38%安い(当時)というものでした。

 

中間流通業者を通さず、あらかじめ太陽光発電システムを4種類のみ(当初)にパッケージ化することによって、コストダウンを図りました。分かりやすく言えば、太陽光発電システムの規格品を販売するということです。

 

通常、太陽光発電システムは、それぞれの住まいに応じて設計するオーダーメイドになります。それをあらかじめ太陽光パネルの枚数を決めて、パッケージとして販売するものです。

 

なお、現在、太陽光発電のシステム価格は低下してきていますが、それでもまだ楽天ソーラーは安いようです。

 

そもそも楽天ソーラーは、早期投資回収(早く元をとる)ことを最優先に考えられた太陽光発電システムです。ですから、初期投資を抑えたい場合は、楽天ソーラーも選択肢となるでしょう。

 

楽天ソーラーについて詳しくはこちら

おすすめのページ