太陽電池の寿命

MENU

【太陽光発電 Q&A】

太陽電池モジュール(太陽光パネル)の寿命はどれくらい?

太陽電池の寿命について、メーカーは、期待寿命として20〜30年としています。

 

しかし、電流の変換や分配を行うパワーコンディショナーは10年です。モニターなどはもっと短くなります。

 

なので、太陽光発電システム全体として見た場合、太陽電池自体は長くもったとしても、パワーコンディショナーは10年ほどで寿命を迎えますから、新しいパワーコンディショナーに交換する必要があります。

 

以前は、多くの国内メーカーでは、太陽電池と周辺機器の無償による保証期間を10年としていたのですが、最近は太陽電池については20年保証が増えてきました。

 

結晶シリコン系太陽電池でなくCIS太陽電池を採用しているソーラーフロンティアは、国内メーカーではいち早く太陽電池の20年保証を採用しました。

 

主要な海外メーカーは、太陽電池の保証期間は25年です。

 

なお、最近は周辺機器についても15年保証のところもあります。それだけパワーコンディショナーなどの寿命も長くなったということなのでしょう。

 

ただし、太陽電池の20年保証、周辺機器の15年保証は、メーカーによって無償・有償の違いはありますから注意が必要です。

おすすめのページ

> > 太陽電池の寿命