太陽光発電の2015年度買取価格

MENU

2015年度太陽光買取価格 住宅用33円(税込)産業用27円(税抜)

(2015年2月24日)

(2015年3月20日更新)

経済産業省は24日、2015年度(平成27年度)の再生エネ買取価格案を示し、調達価格等算定委員会が了承しました。今後、一般の意見公募を経て、3月中に正式に決定されます。

 

経済産業省は、2015年3月19日、正式に決定しました。

 

太陽光は、住宅用・産業用ともに固定価格買取制度スタート以来、3年連続の引き下げとなります。他の再生エネは2014年度のまま据え置きとなります。買取期間は、すべて従来通りです。

 

住宅用(10kw未満)太陽光発電の買取価格

2014年度の買取価格37円/kwh(税込)から4円引き下げられて33円/kwh(税込)となります。なお、出力制御の対象となる電力管内では、出力制御対応機器費用分(2円/kwh)が上乗せされ、35円/kwh(税込)の買取価格となります。

 

買取期間は、従来通り10年間の固定です。

 

2014年度 2015年度
買取価格 接続する電力会社 出力制御対応機器 買取価格

 

37円/kwh

 

東京・中部・関西

設置義務なし

33円/kwh

北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄

設置義務あり

35円/kwh

※ 買取価格は税込価格

 

産業用(10kw以上)太陽光発電の買取価格

10kw以上の太陽光発電設備は、買取価格の優遇措置が2015年6月末で終了することから、2段階で引き下げとなります。

 

2014年度の32円/kwh(税抜)より、まず4月1日から3円引下げて29円/kwh(税抜)となり、さらに7月1日からは2円引き下げて27円/kwh(税抜)となります。

 

10kw以上の発電設備に対しては、「出力制御対応機器費用の上乗せ」はありません。買取価格は全国どの電力会社管内でも同一価格です。

 

買取期間は、従来通り10kw以上は20年間、10kw未満は10年間の固定です。

 

2014年度 2015年度
4月1日〜6月30日 7月1日〜

32円/kwh

29円/kwh

27円/kwh

※ 買取価格は税抜価格

 

太陽光以外の再生エネ買取価格

発電の種類

買い取り区分

2014年度
(円/kwh)

2015年度
(円/kwh)

買取期間
(年)

風力

洋上

36

据え置き

20

陸上

20kw未満

55

据え置き

20

陸上

20kw以上

22

据え置き

20

地熱

1.5万kw未満

40

据え置き

15

1.5万kw以上

26

据え置き

15

中小水力

既存導水路活用型

発電能力に応じて3区分

14〜25

据え置き

20

それ以外

発電能力に応じて3区分

24〜34

据え置き

20

バイオマス

燃料区分に応じて5区分

13〜39

据え置き

20

2000kw未満の未利用木材(新設)

40

20

※ 買取価格は税抜価格

 

関連

おすすめのページ

2015年度太陽光買取価格 住宅用33円と35円 産業用27円へ関連ページ

太陽光発電買取価格2015年度は2段階で20円台後半に引き下げ
出力10kw以上の事業用太陽光発電の買取価格を4月と7月の2段階で20円台後半に引き下げる方向で検討が始まりました。10kw未満の住宅用太陽光発電の買取価格引き下げは今後の検討課題です。
2015年度10kw未満太陽光買取価格2円以上引き下げの方向
2015年度の住宅用(10kw未満)太陽光発電の買取価格が2014年度の37円/kwhから2円以上引き下げる方向で調査委されるようです。
住宅用太陽光買取価格に出力制御機器費用を上乗せ
出力制御機器の設置が全ての太陽光発電設備に義務付けられました。10kw未満の住宅用太陽光については負担軽減のため、出力制御機器費用を電力買取価格に上乗せする方針です。
2015年度再生エネ賦課金単価1.58円/標準家庭で月474円
2015年度(平成27年度)の再生エネ賦課金単価は1kwhあたり1.58円と決まりました。電気料金の上乗せ額は、標準家庭で月474円となり、2014年度(平成26年度)比で2倍超となります。