家庭用リチウムイオン蓄電池を電機メーカーが相次ぎ投入

MENU

家庭用リチウムイオン蓄電池を電機メーカーが相次ぎ投入

(2013年5月10日)

省エネ型住宅「スマートハウス」への採用や災害対策としての導入増を見込み、電機メーカーが家庭用リチウムイオン蓄電池の新製品を相次いで投入しています。

 

NEC

NECは、ITを活用した家庭用蓄電システムの販売を3月に始めました。ネットワーク経由で情報を処理するクラウドコンピューティング対応で、24時間の遠隔監視やメンテナンスを可能としています。こちらのリチウムイオン電池の蓄電容量は、5.53kwh。液晶テレビや冷蔵庫など、家電数台なら10時間ほど使えるようです。自動制御で、太陽光で発電した電気や夜間電力をためておけば、電気代の節約にもなります。

 

住宅メーカーを通じて7月から供給し、価格は三井ホームの場合で157万5千円。容量の割には比較的価格を低く設定しています。

 

京セラ

京セラは、5月から「リチウムイオン蓄電システム(TypeB)」の販売を開始。容量は7.2kwh。自社の太陽電池とセットでの受注も行っています。

 

HEMSと組み合わせ、部屋ごとの使用状況を「見える化」が可能です。

 

希望小売価格は240万円。太陽光発電システムとセットの場合、出力4.03kwの太陽光発電システムで492万6千円。

 

京セラでは、昨年8月より、太陽光発電と組み合わせることで、昼間は蓄電システムから電力を供給し、太陽電池で発電した電力はできるだけ多く売電する蓄電システムの販売を開始していました。これが「TypeA」です。ただ、このタイプはダブル発電とみなされ、太陽光発電と自家発電設備を併設した場合の売電価格が適用されます。

通常、家庭用太陽光発電(10kw未満)の売電単価は38円/kwhですが、ダブル発電となる場合には31円/kwhとなります(2013年度、税込)。

 

「TypeB」は、昼間、太陽光で発電した電力を優先的に使用して、電力会社からの電力購入を削減し、余剰電力を売電。夜間や雨天など太陽電池の発電が無い場合は、深夜に充電した蓄電池で賄います。そのため売電価格は、太陽光発電システムのみを設置する場合と同じ38円(税込)/kwhが適用となります。

「タイプA」と「タイプB」の違いを詳しく見る

 

楽天ソーラー「リチウムイオン蓄電池パッケージ」

楽天ソーラーが、この蓄電池を太陽光発電システムとセットで販売しています。蓄電池のみの購入・設置も可能です。比較的安く設置できるので、関心のある方は一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天ソーラー「リチウムイオン蓄電池パッケージ」の詳細はこちら

 

日立マクセル

日立マクセルは、重さ約12sで持ち運び可能なリチウムイオン蓄電池を4月に発売しました。容量は255wh。最大出力1.2kwで、家電製品など動かせて、震災時の非常用電源として役立ちます。オープン価格で想定価格は16万円前後。

蓄電池の市場規模は2020年度には40倍

市場調査会社シード・プランニングの「定置用蓄電池/蓄電システムの市場動向調査結果」(2012年2月9日)によれば、2020年度の定置用蓄電池の市場規模は、2011年度比約40倍の935Mwhまで成長すると予測しています。

 

また、リチウムイオン電池の平均価格は1kwhあたり51.2万円(2011年度)です。

 

蓄電池は、今後、電気自動車やハイブリッド車に大量に搭載されていくでしょう。そうなれば、性能は飛躍的に向上し、出荷数も伸びることから価格の低下も期待できます。環境意識が高く、ぜひ設置したいという方にはおすすめですが、あえて今、蓄電池まで設置することもないでしょう。まずは、太陽光発電からはじめるのがよいと思います。

おすすめのページ

家庭用リチウムイオン蓄電池を電機メーカーが相次ぎ投入関連ページ

固定価格買い取り制度|太陽光発電の買い取り価格を1割引き下げ検討
経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、2013年度(平成25年度)の太陽光発電の買い取り価格を1割程度引き下げ30円台後半とする方向で検討に入りました。
楽天が日本エコシステムの株式取得|伊藤忠商事と楽天が合意
日本エコシステム(伊藤忠グループ)の株式の一部を楽天が取得することを伊藤忠商事と楽天が合意しました。
住宅用太陽光発電システム価格の推移と費用の相場
住宅用太陽光発電システム価格の推移をまとめています。この4年間で既築設置の場合18万円/kw、約3割ほど価格が下がっています。
2013年度の太陽光発電買い取り価格38円に
2013年度(平成25年度)の住宅用太陽光発電の買取価格は2012年度(平成24年度)よりも4円引き下げ38円となります。一方、電気料金への上乗せ額は平均で33円増えて月120円となる見通しです。
2013年度の再生可能エネルギー賦課金単価
2013年度(平成25年度)の再生可能エネルギー発電促進賦課金と太陽光発電促進付加金の単価が決まりました。2013年(平成25年)5月分の電気料金から適用されます。
中国の太陽電池大手サンテックパワーの子会社が破産
「無錫サンテックパワー」が会社更生法の適用を2013年3月18日に申請しました。
韓国財閥ハンファグループがメガソーラーを徳島県阿波市に建設
韓国中堅財閥のハンファグループの日本法人ハンファQセルズジャパン(東京)が、日本国内第1号となるメガソーラーを徳島県阿波市に建設。2013年7月の稼働を目指します。
産業用太陽光発電設備の設置にともなうグリーン投資減税の内容と期限
固定価格買取制度の認定を受けた10kw以上の太陽光発電設備を取得した場合、税の優遇を受けられます。
省エネリフォーム(太陽光発電設置含む)で10%の所得税額控除
省エネ・リフォームとあわせて住宅太陽光発電設備を設置すると、一定の条件を満たせば、工事費の10%をその年分の所得税額から控除されます。
パナソニック太陽光パネル20年保証へ
パナソニックは「HIT太陽電池」新製品の保証を20年に延長することを発表しました。
再生可能エネルギー発電シェア2018年に25%へ
国際エネルギー機関(IEA)が再生可能エネルギー市場に関する年次報告書で、再生可能エネルギーを使った発電量が2018年までの5年間に40%増加し発電全体の25%にまで拡大するとしました。
ベランダ用太陽光パネル/シャープがシースルー太陽電池新製品発売
シャープが透過型太陽光パネル新製品5機種の発売を発表しました。マンションのベランダに柵代わりに設置する小型タイプもあります。
太陽光発電は今が旬/PVジャパン2013開催
国内最大の太陽電池見本市「PVジャパン」が7月24日〜26日の日程で東京ビッグサイトで開催されました。
パナソニックのマレーシア太陽電池工場が本格稼働
パナソニックがマレーシアに建設していた太陽電池工場が2013年8月30日本格稼働を始めました。
蓄電池の補助金|経済産業省が打ち切り・終了を発表
経済産業省は2013年9月13日、「定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金」について、9月14日以降に契約交渉(商談)が始まるものは、補助対象にならないことを発表しました。事実上の補助金打ち切りです。
住宅用太陽光発電の国の補助金が2014年3月末で終了・打ち切り!?
経済産業省は2013年11月5日、住宅用太陽光発電導入支援対策補助金を2014年3月31日で終了することを発表しました。2014年度(平成26年度)からは補助金制度そのものがなくなる方向です。