揚水発電を余剰再生エネ対策として有効利用

MENU

揚水発電を余剰再生エネ対策として有効利用すれば受け入れ量拡大

(2014年11月2日)

2013年度の揚水発電の利用率が3%にとどまっていることが、経済産業省の調査で分かりました(徳島新聞11月2日)。2010〜2012年度も3%台で、欧米の10%台と比べて低い利用率にとどまっています。

 

太陽光や風力など変動電源のバックアップ電源として、揚水発電の活用が急がれます。

 

日本の揚水発電は、もともと原発とセットで開発されてきました。原子力発電は、いったん運転を開始すると停止させることができないので、発電量を調整することができません。そのため、夜間など余剰になる電力を利用するため揚水発電が建設されてきました。

 

夜間の電気料金が安く設定されているのは、そもそも夜間に供給過剰になる原子力発電の電力を使わせるねらいがあったのですね。

 

揚水発電は、それ自体が巨大な蓄電池

揚水発電は、夜間の余剰電力を使い、下池(下部の貯水池)から上池(上部の貯水池)へ水を汲み上げ、必要なときに水を落下させ発電します。いわば、それ自体が巨大な蓄電施設です。

 

揚水発電所は、日本全国で40か所以上あり、設備容量は2,600万kwを超えます。世界最大規模とされています。

 

揚水発電は、従来、原発と一体で利用されてきましたから、夜間に余剰電力を使って水を汲み上げ、昼間に水を流して発電する運用方法がとられてきました。

 

この揚水発電を逆に利用すれば、つまり、昼間に太陽光で発電した余剰電力を、水を汲み上げるのに活用すれば、電気の需給調整に役立てることが可能です。

 

やっと動いた経産省

そもそも、再生可能エネルギーの導入拡大にあたり、経済産業省では、固定価格買取制度がスタートする前に、太陽光や風力の出力変動を吸収する役割を果たすバックアップ電源として、揚水発電の役割が議論されていました。

 

【参考】 総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会(2012年5月21日)

 

再生可能エネルギーの余剰電力を用いて水を上の調整池に汲み上げ、他のピーク時の供給能力不足に備えるなど、再生エネ余剰電力対策として揚水発電を活用することの必要性が、当時から指摘されています。

 

それにもかかわらず経済産業省は、今まで揚水発電の活用策の検討を放置してきたのです。むしろ原発を再稼働させるねらいがあるため、揚水発電は利用したくないというのが本音かもしれません。

 

電力5社が再エネ受け入れを中断する事態になって、やっと揚水発電の活用に動きました。経済産業省は、揚水発電を最大限活用すれば再生エネの受け入れ可能量が増えるのではないかとして、再エネ受け入れを中断している電力5社に試算の提出を求めました。

 

経済産業省と電力会社の今後の動きを注視していきましょう。

関連ページ

揚水発電を余剰再生エネ対策として有効利用すれば受け入れ量拡大関連ページ

太陽光発電の固定価格買取制度に総量制導入か?
2014年6月17日に経済産業省の総合エネルギー調査会 新エネルギー小委員会の第1回が開催され、再生可能エネルギーの固定価格買取制度見直しへ検討を開始しました。
大規模太陽光(メガソーラー)の新規認定一時停止へ
経済産業省は大規模太陽光発電所(メガソーラー)の新規認定を一時停止する方向で検討に入りました。再エネ買い取り手続きを中断する動きが電力会社に広がっている事態に対応するためです。
電力5社の再エネ受け入れ中断を受け固定価格買取制度抜本見直しへ
電力5社が再生エネ発電設備の系統接続申し込みの回答を保留することを相次いで発表したことを受け、経済産業省は固定価格買取制度の抜本見直しに入りました。
再生可能エネルギー受け入れ拡大策を経済産業省が検討開始
経済産業省は電力5社が再生可能エネルギーの新規受け入れを停止している問題で、電力各社の受け入れ可能量の検証と受け入れ拡大策の議論をはじめました。
再生エネ電力買取価格を半年ごとに見直しへ
再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、現在、年度ごとに買取価格の見直しが行われていますが、今後は半年ごとの見直しになる方向です。
再生エネ拡大方策として時間単位での出力抑制ルール作り検討
10月30日、経済産業省の系統ワーキンググループで、再生エネ接続可能量の拡大方策について具体的な検討が始まりました。
再生エネ買い取り価格の決定時期|系統接続決定時点の価格を適用へ
経済産業省は再生可能エネルギー買取価格の決め方を見直し、系統接続決定後の価格を適用するよう改める方向です。
再生エネ発電設備を変更すれば買取価格を最新の価格に引き下げ
経済産業省は、再生エネ買取価格が決まった後も長期間にわたり設備を設置せず、当初導入予定の設備よりも安い価格で発注する場合、買取価格を変更時点の価格に引き下げる方向で検討に入りました。
太陽光発電の買取価格優遇措置2015年6月末で終了
2014年11月5日に開かれた経済産業省・新エネルギー小委員会で、再生エネ事業者からの優遇価格での買い取りについて、太陽光は当初予定の3年間で終了することが確認されました。
再生エネ買い取り契約|早期に発電開始可能な事業者を優先
国の設備認定を受け電力会社への接続枠を確保していながら長期間発電を開始しない事業者の接続権利は失効し、後発でも早期に発電のめどが立っている事業者を優先して買取契約する方針が示されました。
太陽光発電の買取価格は最安太陽光パネル価格を参考に算定へ
太陽光買取価格の算定根拠となる発電コストの検証に際し、従来、平均的なコストを参考にしていましたが、今後は太陽光パネルの最低価格水準を参考にする方向で検討しています。
住宅用太陽光発電の電力を優先買い取りへ
経済産業省は、地熱・水力に加え、住宅用太陽光も優先して買い取るよう電力会社に要請する方針を示しました。
再生エネ受け入れ容量不足で発電抑制拡大へ/住宅用太陽光にも
太陽光発電の受け入れを中断している電力5社の受け入れ可能容量が、認定済み発電量の半分程度に留まることが、経済産業省の試算で分かりました。そのため無補償の出力抑制を拡大する方向です。
電力7社が太陽光発電の受け入れ可能量(接続可能量)を公表
再生エネの買い取りを中断している電力5社を含め電力7社が、太陽光の受け入れ可能量を12月16日の新エネルギー小委員会で発表しました。
原発再稼働を前提とした再生エネ受け入れ可能量(接続可能量)算定
経済産業省と電力会社は、再生エネ受け入れ可能量の算定にあたり、原発再稼働を前提としています。原発による電力供給を含めなければ、再生エネ受け入れ可能量は大きく増えます。
太陽光発電設備に発電制御装置の設置義務付けへ
経済産業省は、太陽光発電設備の発電を電力会社が遠隔操作で制御できる装置の設置を家庭用も含めて太陽光発電事業者に義務付ける方針を固めたようです。
太陽光発電の企業向け買取価格2015年度は20円台に
経済産業省は企業が太陽光で発電した電力の買取価格を2015年度20円台で調整していることが明らかになりました。
住宅用太陽光発電の出力抑制ルールの適用を4月に延期
経済産業省は1月16日、固定価格買取制度の見直しで当初の1月中旬からとしていた発電抑制ルールの住宅用(10kw未満)太陽光発電への適用について、4月1日に延期する方針を示しました。
固定価格買取制度の新ルール
経済産業省は12月18日、再生エネの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直しについて発表しました。