再エネ買取制度抜本見直しへ

MENU

電力5社の再エネ受け入れ中断を受け、再エネ買取制度抜本見直しへ

(2014年10月16日)

電力5社が相次いで再エネ電力の新規買い取りを中断したことを受け、経済産業省は再エネ固定価格買取制度の抜本見直しに入りました。

 

固定価格買取制度の創設(2012年7月)から2年余り。早くも岐路を迎えています。制度の問題点も確かにありますが、背景には、原発を再稼働させたい電力会社の思惑と、その意向を受けた自民党政権のエネルギー政策に大きな問題がありそうです。

 

新エネルギー小委員会で提起された論点・検討課題

10月15日に開かれた新エネルギー小委員会で、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関して、経済産業省があげた主な検討課題は次のようなものです。

 

再エネ固定価格買取制度に関する主な検討課題
  • 太陽光発電に偏った現状を改めるため、住宅用以外の大規模な太陽光発電の新たな設備認定を停止。
  • 太陽光の発電量が一定水準を超えたら、買取価格を自動的に引き下げる仕組みづくり。
  • 価格の安い事業者を優先して買い取る「入札制度」の導入。
  • 買取価格の決定を設備認定時から稼働時点の価格とする。
  • 国民負担(再エネ賦課金)に上限を設ける。

 

当面の焦点

当面の焦点は、電力5社が新規受け入れを中断していることから、電力会社の再エネ受け入れ量をどうやって増やすかということになりそうです。

 

緊急の検討課題として、供給過剰の電力を他の電力管内へ送る仕組みの導入や、既存事業者の発電量を抑え、新規受け入れの余地を確保する案などがあげられていますが、ルールの整備には時間がかかり、既存事業者の利益を損なうことなどから、簡単ではなさそうです。

 

また、年度内をメドに判断する検討課題として、大規模太陽光発電設備の新たな認定を中断することなどがあげられています。これに対しては、発電事業者や太陽電池メーカー、地方自治体が危機感を募らせています。

 

  • オリックスは、今後5年で約3,000億円を投じる計画で、このうち2,200億円が太陽光発電向け。「見直さざるを得ない局面が来る」とし、今後は政府が後押しする見通しの地熱発電やバイオマス発電の開発に注力する方針。
  • 中国系太陽電池大手のサンテックパワージャパンは、2,600億円程度の大型投資を予定。新規開発には限界があると判断し、完成した発電所の買収などを検討。
  • 太陽電池国内シェア首位(2013年)のシャープは、住宅向けからメガソーラー向けに軸足を移していただけに収益悪化は避けられず、今後の対応を検討中。

(日経10月16日付より)

 

地方自治体では、エネルギー需要の全量を再エネで賄う(福島県)、家庭用エネルギーの多くを太陽光など再エネで賄う(熊本県)といった目標を掲げているところもあります。太陽光発電設備の新たな認定中断は、地方の産業振興策にも深刻な影響を及ぼしそうです。

再エネ導入目標をなくす?

経済産業省は、再生可能エネルギーの導入目標について、再エネ比率21%を投げ捨て、長期的に再エネ比率を増やせばよいとする「論点」を示しました。

 

  • 費用対効果の観点から、再エネ比率21%を目指して強力に政策を推し進めていく必要性がどこまであるのか。
  • これまでのエネルギー基本計画を踏まえて示した水準(電源構成比の21%)を上限とするのではなく、長期的に再エネ比率を増加していくべき。

(10月15日、新エネルギー小委員会配布資料より抜粋)

 

4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」では「これまでのエネルギー基本計画を踏まえて示した水準を更に上回る水準の再生可能エネルギーの導入を目指す」としました。その「水準」というのは、電源構成比の21%です。閣議決定の中では数値目標は明記されませんでした。

 

そして今回の「論点」提起です。再生可能エネルギーの導入目標を、なし崩し的になくしてしまおうとする政府の姿勢が透けて見えます。

 

この2年間で再生可能エネルギーが普及したとはいえ、総発電量に占める再生可能エネルギーの割合は、まだ2.2%(水力を除く)にすぎません。再エネ先進国とされるドイツの1割程度にすぎません。世界的に日本は大きく後れをとっています。導入目標を投げ捨て、成行きに任せていいのでしょうか。

 

  ドイツ スペイン イギリス アメリカ フランス 日本
水力

3.2%

13.1%

1.3%

6.4%

12.5%

8.5%

再エネ
(水力除く)

20.9%

26.4%

13.6%

6.2%

4.7%

2.2%

※ 2013年の数値。日本は2013年度。資源エネルギー庁の資料より。

 

日本の2013年度の発電電力量は、水力8.5%、水力を除く再生可能エネルギーが2.2%で、合計では10.7%です。これを2030年に21%にまで持っていく目標です。

 

なお、経済産業省は、2014年6月末時点の認定済みの案件が全て稼働すれば19.8%になるとしています。しかし、認定を受けた後で事業を断念したり、認定取り消しになった案件もあります。

 

経済産業省は、400kw以上の太陽光発電設備について、認定を受けながら稼働していない案件について順次調査を行っています。2012年度に認定を受けたもののうち9.7%が設置場所も設備も決まっておらず、認定を取り消されています(2014年8月現在)。今後さらに増える見通しです。

関連ページ

電力5社の再エネ受け入れ中断を受け固定価格買取制度抜本見直しへ関連ページ

太陽光発電の固定価格買取制度に総量制導入か?
2014年6月17日に経済産業省の総合エネルギー調査会 新エネルギー小委員会の第1回が開催され、再生可能エネルギーの固定価格買取制度見直しへ検討を開始しました。
大規模太陽光(メガソーラー)の新規認定一時停止へ
経済産業省は大規模太陽光発電所(メガソーラー)の新規認定を一時停止する方向で検討に入りました。再エネ買い取り手続きを中断する動きが電力会社に広がっている事態に対応するためです。
再生可能エネルギー受け入れ拡大策を経済産業省が検討開始
経済産業省は電力5社が再生可能エネルギーの新規受け入れを停止している問題で、電力各社の受け入れ可能量の検証と受け入れ拡大策の議論をはじめました。
再生エネ電力買取価格を半年ごとに見直しへ
再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、現在、年度ごとに買取価格の見直しが行われていますが、今後は半年ごとの見直しになる方向です。
再生エネ拡大方策として時間単位での出力抑制ルール作り検討
10月30日、経済産業省の系統ワーキンググループで、再生エネ接続可能量の拡大方策について具体的な検討が始まりました。
再生エネ買い取り価格の決定時期|系統接続決定時点の価格を適用へ
経済産業省は再生可能エネルギー買取価格の決め方を見直し、系統接続決定後の価格を適用するよう改める方向です。
揚水発電を余剰再生エネ対策として有効利用すれば受け入れ量拡大
揚水発電の利用率が3%止まりであることが経済産業省の調査で分かりました。再生可能エネルギーが余剰になったときに利用すれば、再生エネ受け入れ拡大の余地があります。
再生エネ発電設備を変更すれば買取価格を最新の価格に引き下げ
経済産業省は、再生エネ買取価格が決まった後も長期間にわたり設備を設置せず、当初導入予定の設備よりも安い価格で発注する場合、買取価格を変更時点の価格に引き下げる方向で検討に入りました。
太陽光発電の買取価格優遇措置2015年6月末で終了
2014年11月5日に開かれた経済産業省・新エネルギー小委員会で、再生エネ事業者からの優遇価格での買い取りについて、太陽光は当初予定の3年間で終了することが確認されました。
再生エネ買い取り契約|早期に発電開始可能な事業者を優先
国の設備認定を受け電力会社への接続枠を確保していながら長期間発電を開始しない事業者の接続権利は失効し、後発でも早期に発電のめどが立っている事業者を優先して買取契約する方針が示されました。
太陽光発電の買取価格は最安太陽光パネル価格を参考に算定へ
太陽光買取価格の算定根拠となる発電コストの検証に際し、従来、平均的なコストを参考にしていましたが、今後は太陽光パネルの最低価格水準を参考にする方向で検討しています。
住宅用太陽光発電の電力を優先買い取りへ
経済産業省は、地熱・水力に加え、住宅用太陽光も優先して買い取るよう電力会社に要請する方針を示しました。
再生エネ受け入れ容量不足で発電抑制拡大へ/住宅用太陽光にも
太陽光発電の受け入れを中断している電力5社の受け入れ可能容量が、認定済み発電量の半分程度に留まることが、経済産業省の試算で分かりました。そのため無補償の出力抑制を拡大する方向です。
電力7社が太陽光発電の受け入れ可能量(接続可能量)を公表
再生エネの買い取りを中断している電力5社を含め電力7社が、太陽光の受け入れ可能量を12月16日の新エネルギー小委員会で発表しました。
原発再稼働を前提とした再生エネ受け入れ可能量(接続可能量)算定
経済産業省と電力会社は、再生エネ受け入れ可能量の算定にあたり、原発再稼働を前提としています。原発による電力供給を含めなければ、再生エネ受け入れ可能量は大きく増えます。
太陽光発電設備に発電制御装置の設置義務付けへ
経済産業省は、太陽光発電設備の発電を電力会社が遠隔操作で制御できる装置の設置を家庭用も含めて太陽光発電事業者に義務付ける方針を固めたようです。
太陽光発電の企業向け買取価格2015年度は20円台に
経済産業省は企業が太陽光で発電した電力の買取価格を2015年度20円台で調整していることが明らかになりました。
住宅用太陽光発電の出力抑制ルールの適用を4月に延期
経済産業省は1月16日、固定価格買取制度の見直しで当初の1月中旬からとしていた発電抑制ルールの住宅用(10kw未満)太陽光発電への適用について、4月1日に延期する方針を示しました。
固定価格買取制度の新ルール
経済産業省は12月18日、再生エネの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直しについて発表しました。