再生エネ早期に発電開始可能な事業者を優先して買取契約

MENU

再生エネ買取契約 早期に発電開始可能な事業者を優先

(2014年11月6日)

経済産業省は、11月5日の新エネルギー小委員会で、電力会社と接続する権利を持っていながら一定期間過ぎても発電を開始しない事業者の接続権利を失効させ、後発であっても早期に発電開始を見込める事業者を優先して接続させる方針を示しました。

 

接続枠を確保していても発電開始が遅れれば接続権利を失効

電力会社の系統に接続する権利(接続枠)を確保していながら、発電を開始しないケースが少なくありません。そのため、後発の事業者が接続枠を確保することができず、新規参入の妨げになっています。

 

なぜ発電を開始しない?

設備認定を受けながら事業開始が見込めない理由としては、

  • 発電設備の仕様変更が相次ぎ、具体的に事業が進まない
  • 農地転用など土地利用関係法令の許認可が得られない
  • 金融機関からの融資が不調

というようなケースが多いようです。より高い買取価格を確定しておこうと設備認定と接続申請だけを急いで、事業計画を詰められていない事業者が多いことが背景にあります。もちろん意図的に、太陽光パネルなど資材価格の値下がりを待っているような事業者もいます。

 

新規参入の妨げに

9月末に電力5社が新規接続の保留を発表したことにみられるように、再生エネ電力が過剰になると安定した電力供給ができなくなる恐れがあることから、電力会社側は接続に慎重になります。

 

これまでも現実に、接続申請しても電力会社の回答に数か月間もかかり、事実上の保留となるケースがあるようです。新規参入が困難な状況が生まれています。

 

経済産業省が接続ルールの見直しを開始

経済産業省は、後発であっても事業熟度の高い事業者が優先して系統接続が可能となるよう運用を改善する方針を示しました。

 

そのために、接続枠を確保しながら発電を開始しない事業者を排除する具体的な対応策を新エネルギー小委員会に示し、検討に入りました。

 

例えば次のような対応策が示されています。

 

接続契約前における対応策

電力会社が事業者からの接続申請を受理し、「連携承諾」すれば、「接続契約」へと進みます。現在は、電力会社が接続申請を受理した時点で買取価格が決まります。ところが接続申請だけして、なかなか契約締結をしない事業者がいます。

 

この場合、「連系承諾」により「接続契約(本契約)」の「予約契約」が成立していると考えられるので、一定期間が経過しても契約締結がなされない場合、「接続契約の予約」を失効させるという対応をとるというものです。

 

接続契約後における対応策

接続契約後については、

  • 系統接続のための工事費負担金を支払わない場合には、再エネ特措法上の接続拒否事由に該当するとして対応。
  • 運転を開始しない場合には、接続契約上の解除条項にもとづき対応。

といったような方法が示されています。

 

これらは接続ルールの論点として新エネルギー小委員会に示されたもので、確定されたものではありません。接続ルールの見直しは始まったばかりです。

 

しかし、こういった方向で、新規受け入れ枠を拡大することも検討されています。事業計画がしっかり詰められていれば、新規参入に道が開けそうです。

関連ページ

再生エネ買い取り契約|早期に発電開始可能な事業者を優先関連ページ

太陽光発電の固定価格買取制度に総量制導入か?
2014年6月17日に経済産業省の総合エネルギー調査会 新エネルギー小委員会の第1回が開催され、再生可能エネルギーの固定価格買取制度見直しへ検討を開始しました。
大規模太陽光(メガソーラー)の新規認定一時停止へ
経済産業省は大規模太陽光発電所(メガソーラー)の新規認定を一時停止する方向で検討に入りました。再エネ買い取り手続きを中断する動きが電力会社に広がっている事態に対応するためです。
電力5社の再エネ受け入れ中断を受け固定価格買取制度抜本見直しへ
電力5社が再生エネ発電設備の系統接続申し込みの回答を保留することを相次いで発表したことを受け、経済産業省は固定価格買取制度の抜本見直しに入りました。
再生可能エネルギー受け入れ拡大策を経済産業省が検討開始
経済産業省は電力5社が再生可能エネルギーの新規受け入れを停止している問題で、電力各社の受け入れ可能量の検証と受け入れ拡大策の議論をはじめました。
再生エネ電力買取価格を半年ごとに見直しへ
再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、現在、年度ごとに買取価格の見直しが行われていますが、今後は半年ごとの見直しになる方向です。
再生エネ拡大方策として時間単位での出力抑制ルール作り検討
10月30日、経済産業省の系統ワーキンググループで、再生エネ接続可能量の拡大方策について具体的な検討が始まりました。
再生エネ買い取り価格の決定時期|系統接続決定時点の価格を適用へ
経済産業省は再生可能エネルギー買取価格の決め方を見直し、系統接続決定後の価格を適用するよう改める方向です。
揚水発電を余剰再生エネ対策として有効利用すれば受け入れ量拡大
揚水発電の利用率が3%止まりであることが経済産業省の調査で分かりました。再生可能エネルギーが余剰になったときに利用すれば、再生エネ受け入れ拡大の余地があります。
再生エネ発電設備を変更すれば買取価格を最新の価格に引き下げ
経済産業省は、再生エネ買取価格が決まった後も長期間にわたり設備を設置せず、当初導入予定の設備よりも安い価格で発注する場合、買取価格を変更時点の価格に引き下げる方向で検討に入りました。
太陽光発電の買取価格優遇措置2015年6月末で終了
2014年11月5日に開かれた経済産業省・新エネルギー小委員会で、再生エネ事業者からの優遇価格での買い取りについて、太陽光は当初予定の3年間で終了することが確認されました。
太陽光発電の買取価格は最安太陽光パネル価格を参考に算定へ
太陽光買取価格の算定根拠となる発電コストの検証に際し、従来、平均的なコストを参考にしていましたが、今後は太陽光パネルの最低価格水準を参考にする方向で検討しています。
住宅用太陽光発電の電力を優先買い取りへ
経済産業省は、地熱・水力に加え、住宅用太陽光も優先して買い取るよう電力会社に要請する方針を示しました。
再生エネ受け入れ容量不足で発電抑制拡大へ/住宅用太陽光にも
太陽光発電の受け入れを中断している電力5社の受け入れ可能容量が、認定済み発電量の半分程度に留まることが、経済産業省の試算で分かりました。そのため無補償の出力抑制を拡大する方向です。
電力7社が太陽光発電の受け入れ可能量(接続可能量)を公表
再生エネの買い取りを中断している電力5社を含め電力7社が、太陽光の受け入れ可能量を12月16日の新エネルギー小委員会で発表しました。
原発再稼働を前提とした再生エネ受け入れ可能量(接続可能量)算定
経済産業省と電力会社は、再生エネ受け入れ可能量の算定にあたり、原発再稼働を前提としています。原発による電力供給を含めなければ、再生エネ受け入れ可能量は大きく増えます。
太陽光発電設備に発電制御装置の設置義務付けへ
経済産業省は、太陽光発電設備の発電を電力会社が遠隔操作で制御できる装置の設置を家庭用も含めて太陽光発電事業者に義務付ける方針を固めたようです。
太陽光発電の企業向け買取価格2015年度は20円台に
経済産業省は企業が太陽光で発電した電力の買取価格を2015年度20円台で調整していることが明らかになりました。
住宅用太陽光発電の出力抑制ルールの適用を4月に延期
経済産業省は1月16日、固定価格買取制度の見直しで当初の1月中旬からとしていた発電抑制ルールの住宅用(10kw未満)太陽光発電への適用について、4月1日に延期する方針を示しました。
固定価格買取制度の新ルール
経済産業省は12月18日、再生エネの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直しについて発表しました。