太陽光発電で期間内の着工義務化

MENU

固定価格買取制度の運用見直し

(2014年2月19日)

固定価格買取制度で設備の建設認定を受けながら、発電施設を建設する用地も太陽光パネルなどの資材も準備していない悪質業者が増えているようです。

 

太陽光で発電した電力の買取価格は、10kw以上の発電設備の場合、20年間固定価格で電力会社が買い取ります。現在(2013年度)は1kwhあたり37.8円(税込)です。

 

買取価格は、太陽光パネルなど太陽光発電設備の価格低下にともない、毎年下げられます。一方、買取価格は、発電開始時点でなく、認定時のものが適用されます。そうしたことから、買取価格の高いうちに認定だけ受けておいて、太陽光パネルの価格がもっと下がってから建設し、利益をあげようとする事業者がいるようです。

 

資源エネルギー庁が今年1月10日に公表した「再生可能エネルギー発電設備の導入状況」(2013年10月末時点)によると、固定価格買取制度導入後、大型(10kw以上)太陽光発電は、建設の認定を受けた施設が2,249万kwですが、実際に発電を開始したのは382.7万kwで、わずか17%です。

 

買取費用は、電気料金に上乗せされ、利用者が負担する仕組みです。再生可能エネルギー・自然エネルギーを普及・促進させるための制度だから、利用者も徴収に応じているのです。それを自社の利益のために悪用するなどとんでもありません。制度の信頼性を揺るがす問題です。

 

経済産業省が悪質業者追放へ動く

経済産業省も、そうしたことから悪質な業者の処分、固定価格買取制度の運用見直しに踏み切ったようです。

 

資源エネルギー庁が2月14日、「太陽光発電設備に関する報告徴収の結果」をまとめ、公表しました。

2012年度中に認定を受けた40kw以上の太陽光発電設備(4,699件・1,332万kw)について業者から報告を求めたものです。調査対象は、件数ベースで14%、出力ベースで23%となります。

 

その結果によると、

  • 場所・設備ともに未決定のものが、672件(14%)、303万kw(23%)
  • 場所または設備のいずれかが未決定のものは、971件(21%)、435万kw(32%)

となっています。両方を合わせると、調査対象の400kw以上の太陽光発電設備のうち、件数で35%、発電能力で55%にも上るものが「問題あり」なのです。

 

件数よりも発電能力の方がパーセンテージが高いということは、それだけ大規模な設備の方が問題が多いということですね。

 

経済産業省は今後、この報告に基づき、聞き取り調査を開始します。場所・設備とも未決定のものは3月末をめどに、場所または設備のいずれかが未決定のものは8月末までに聞き取り調査を行い、その上で場所・設備とも未決定と認められたものは認定を取り消す方向です。

 

固定価格買取制度の運用見直し検討開始

今後(2014年度)の設備認定については、有識者の作業部会「新エネルギー小委員会買取制度運用ワーキンググループ」を設置し、運用のあり方について検討されます。認定後の一定期間内に用地と設備の確保を義務付けるなどの対策を検討し、3月末までに見直し案をまとめる方向です。

 

また、作業部会の中で、電気料金に上乗せして徴収される「再エネ賦課金」についても、高く見積もられているという指摘もあったようです。

業者に甘い経済産業省

「認定基準」は、もともと経済産業省令で定められています。

 

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則」(2012年6月18日経済産業省令第46号)では、第8条(認定基準)に次のように明記されています。

「当該認定の申請に係る再生可能エネルギー発電設備を設置する場所及び当該設備の仕様が決定していること」

 

つまり、経済産業省自身が、法令に則った運用をしていなかったということなのです。経済産業省は、いまになってあわてていますが、国自身が業者の悪行を容認していたことにほかなりません。

 

しかも今後の運用についても、「認定後の一定期間に用地と設備の確保を義務付ける」方向のようですが、「施行規則」では「認定前の確保」を義務付けています。矛盾します。法令は柔軟な運用が必要な場合もありますが、今回の場合、果たしてそれでいいのでしょうか。それとも、「施行規則」を改正するつもりなのでしょうか。

 

いずれにしても、経済産業省は業者に甘いと言わざるを得ません。

 

原子力発電などに頼らない自然エネルギーの普及は大いに歓迎です。そのために一定の負担もやぶさかではありません。しかし、制度構築はしっかりしてもらいたいものです。

おすすめのページ

太陽光発電/期間内の着工義務化へ/悪質業者の認定取り消し関連ページ

再生可能エネルギー賦課金見直しに経済産業省が着手
電気代に上乗せされている再生可能エネルギー賦課金が過大で、再生エネルギーのコストが実際以上に高く見えるとの批判を受け、経済産業省は算定方法の見直しに着手することになりました。
大阪ガスが自治体や中小企業の遊休地や屋根を借りて太陽光発電
大阪ガスが、全国の地方自治体や中小企業の保有している遊休地や屋根を借りて太陽光発電設備を設置し、太陽光発電事業を始めるようです。
パナソニックが家庭の太陽光発電余剰電力を電力会社より高く買い取り
パナソニックがエプコと共同で新会社を設立し、家庭の太陽光発電の余剰電力を買い取り、工場や新電力会社向けに販売することを発表しました。買取価格は、固定価格買取制度の価格よりも高く設定するとしています。
2014年度の住宅用太陽光発電買い取り価格37円/kwhへ
2014年度の太陽光発電買い取り価格は、1kwhあたり、住宅用が1円引き下げて37円に、産業用(非住宅用)は4円引き下げて32円になります。
住宅用太陽光発電の価格・費用の相場/2014年
2014年1-3月の太陽光発電システム設置費用の相場は、1kwあたり41万4千円です。
ドイツ銀行が海外企業による日本国内でのメガソーラー建設に融資
ドイツ銀行が、日本国内でメガソーラーを建設する海外メーカー向け融資に乗り出しました。
東芝が世界最高変換効率9.9%の有機薄膜太陽電池を開発
東芝が、変換効率9.9%の有機薄膜太陽電池モジュールを開発しました。5センチ角の有機薄膜太陽電池で世界最高の変換効率です。
サムスンSDIが日本でメガソーラー向け大型蓄電池販売
韓国サムスンSDIが、エジソンパワー(千葉県)と組み、日本でメガソーラー向け大型蓄電池の販売に乗り出します。
中断・未稼働の太陽光発電をNTTスマイルエナジーが再生
固定価格買取制度にもとづく国の認可を受けながら融資不調などの理由から未稼働となっている太陽光発電をNTT西日本子会社のNTTスマイルエナジーが代わりに建設する事業を始めています。
太陽電池の国内出荷量14%増|2014年4月〜6月
太陽光発電協会が9月1日、2014年4−6月(2014年度第1四半期)の太陽電池出荷統計を発表しました。前年同期比14%増となりました。ただし、前四半期(1-3月)と比べると32%もの落ち込みです。
海外メーカー太陽電池の出荷量が3割超える
太陽光発電協会が2014年度第1四半期(4〜6月)の太陽電池出荷統計を発表しました。海外メーカー製太陽電池が初めて3割を超えました。
電力5社が再エネ電力の新規受け入れを中断
電力5社(北海道電力、東北電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)が、新規の再生可能エネルギー発電設備の系統連系契約申込みに対する回答を保留、電力買取(購入)契約を停止・中断しています。
九州電力が年内にも地熱・水力発電受け入れ再開
9月25日から再生可能エネルギーの受け入れを停止している九州電力が、地熱・水力発電の受け入れを年内にも再開する検討に入りました・
九州電力が小規模太陽光発電など50kw未満の再エネ受け入れ再開へ
再生可能エネルギーの新規受け入れを中断している九州電力が、出力50kw未満の低圧については受け入れ・買い取りを再開することを発表しました。
四国電力が12月中旬に再エネ買い取り手続き再開か?
四国電力は、10月1日より再エネ買取契約を保留している問題で、12月中旬には結論を出し、契約保留分について一斉に契約手続きに入る見通しを示しました。
電力5社が再生エネ買い取り再開の方針|九州電力は年内に
再生エネの受け入れを中断している電力5社が、再生エネ買い取りを再開する方針です。まず九州電力が年内にも受け入れ再開の方針を表明する見通しです。
四国電力の太陽光買い取り再開は年明けの可能性も
四国電力の千葉昭社長が、太陽光買い取り再開が2015年1月以降にずれ込む可能性を示唆しました。